« キノコを見つける! | メイン | 番傘きのこ »

2007年07月07日

○○モドキは便利な使い方

キノコの名前が判別できない時は
私は全て○○モドキと言うようにしている。
そうしないと覚えることができないからです。
例えばバカマツタケをマツタケモドキとかスーパーで売られているシメジをシメジモドキといったようにその方がイメージが沸くからです。
(後で調べる時にはわかりやすい)
仲間同士でも「あれ~、○○モドキが出ている頃ではないのか?」
共通語にしてしまえば正式名称は知ることなくても通じる訳です。
方言がそうなのですが、
あとは食えるか?食えないか?・・・を知りたい。

●そんな訳で写真は「イタチタケモドキ」とした。

DSC01529.JPG

●源流のイワナ釣りに行って見つけたもの。
DSC01530.JPG

初夏に発生してよく見かける食とされるキノコ
「イタチタケ」の若い時には傘の周辺に白い皮膜がついている。
ヒダは薄茶に近いピンク色から紫に変化するが白いヒダが見られない。
またムジナタケと似ているが、イタチタケの茎は白いので判別できるので違う。
また似た仲間で山岳地帯に多い「ツエタケ」があるが茎は地中深くのびているので「ツエタケ」でもない。
そんな訳で勝手に「イタチモドキ」とした。
●バター炒めや油物で食べみたがが美味しいキノコとは言えないが毒キノコでもなさそう。

dc070627.JPG
●奥深い源流:これ以上は泳ぎながら行かないと遡行できない。
まだ水が冷たいのでこの日の上流遡行は断念!

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2007年07月07日 10:28

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/400