« 山菜採りの朝 | メイン | イワナが釣れなくなった源流 »

2007年06月14日

タケノコが採れる目安となる花

この花は 山の「谷間」に多く生え、
茎の中が空洞の木 であるところから
「谷空木=タニウツギ」と呼ばれています。

その他に白から赤色に変化するニシキウツギ(二色空木)と花が黄色く咲くキバナウツギ(黄花空木)と花が白く生垣にされていることが多いハナツクバネウツギ(花衝羽根空木)があるようです。
岩手の山間部で見られるピンク色の「谷空木=タニウツギ」は
この花
dc060303.jpg
6月の姫だけ=ネマガリタケのシーズンともなれば、敢えて竹藪の中に入らなくとも、この「谷空木=タニウツギ」の咲き具合で姫だけが出ているか判断できます。

「赤い・・花っこ・・咲いてだか?」「うん!咲いてだ。」
「んだば!・・(姫だけ採りに)入るべ!!」
車中こんな会話をしながら、現地に向かうのです。
勿論、咲いていなくても姫だけは採れるのですが、
同じ作業時間で普段の10/1も採れないのです。

効率よくたくさん採りたい場合は、
この花を目安にするとよいでしょう。

この花が満開の時の姫だけの収穫はこんな感じです。
dc060906.JPG

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2007年06月14日 19:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/660