« 山菜「姫だけ]を食べたよ! | メイン | ウワバミソウ(アカミズ) »

2007年06月22日

ハタケシメジの初物

梅雨に入り、相対湿度は80%を超えています。
気温も朝方は15℃を下回り寒さを感じる環境で
もしかしたら・・・・と思いカメラとスーパー袋を持って
近くの公園をゴンタをキノコ探しです。

狙いどおり、初物のハタケシメジを発見!!

dc0622246.JPG
●初物のハタケシメジ
狙うポイントは毎年採れる場所で雑草の中。
西向き斜面になっていて、草刈りで刈り払いした所から刈り払いしない部分の境界から少し中に入った所に発生。
雨が降ると斜面に沿って雑草の中に雨水が流れ込み日差しも適度に当たる部分がポイント。
秋に近づくにつれて、雑草の中(奥)にもたくさん生える。

この場所は雑木林だった所を公園を作るため伐採した所です。
私の経験ですが伐採後3~5年くらいで初めにナラタケが発生し、
腐生菌によって雑木の枝等が完全に土に還った後、ハタケシメジが発生し始めるようです。
昔はナラタケがすごく発生した丘のような場所で現在発生しない場所はハタケシメジが発生するチャンスが大いにあるものなのです。

dc062209畑シメジ.jpg

●この日の収穫量はこのくらい!
秋の本格的な時期にはもう少し範囲が広がって出るものと考えられる。

++梅雨時からお盆にかけてハタケシメジが出る条件はGOODなので近くの公園を探索して見ては。++
本格的な秋のハタケシメジ採り風景はこちら

2004の秋のハタケシメジ採りの想い出記事
2005の秋のハタケシメジ採りの想い出記事

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2007年06月22日 15:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/354