« アイコの採取と下処理方法 | メイン | クレソン/2007 »

2007年05月25日

アマドコロの若芽

ヤマウルイを探している時に見つけたアマドコロの若芽

杉林の中の湿気がある(少しじめじめした感じの所、歩くとブスッと足が潜ってしまう。)木陰などに群落上に自生することになっているが、
見つけた所は日当たりが良く、3方の斜面が集まる盆地のような場所、
そのため、雨水が貯まる所。そこに群生していた。
アマドコロの若芽dc052410.jpg
ヤマウルイの芽立ちはなかったが、ヤマウドは採り頃の大きさ
そんな状況の時に「アマドコロ」はこの大きさ

アマドコロ.jpg
●アマドコロ(ユリ科):方言でヘビユリとかキツネチョウチンと言われている。
マヨネーズ、ごま和えで食べると美味しい。
※これに似た毒草に「ホウイチャクソウ」があるが芽立ちの頃は判別しにくい。
判別方法は根を見る。↓
dc052501.jpg
左がアマドコロで右がホウチャクソウ
よくわからない時は採らないようにしたほうがいい。


おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2007年05月25日 02:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/603

コメント

こんにちは。
毒草との違い、参考になります。
ただ、私はずぶの素人なので、採らないほうが良いですね(^_^;)

投稿者 まだまだ現役 : 2007年05月25日 16:56

昆さんへ 山菜沢山ありがとうございました。
おいしかったですよ。こちらではもう山菜が山にいっても採れませんでした。
えっと料理ブログ 元のブログに戻しました。右往左往してスミマセン。^^; そちらに料理掲載中ですので。

投稿者 あらかし : 2007年05月26日 09:25

まだまだ現役さんへ
コメントありがとうございます。
自称プロだと思っている自分も「ヤバい!」と感じたたときは採らないようにしています。どうしても気になる山菜があってわからないときには、発生時期、場所、写真もあれば・・・・地元のプロに聞いて確認することが大事です。知らない山菜を覚えるには1回では無理で、何度もその山菜と巡り合って覚えていきます。

投稿者 昆寛 : 2007年05月26日 14:55

あらかしさんへ
こちらも多くの山菜」は終わりました。
これからは姫ダケ、ワラビ、ミズ、フキが始まります。
また、よろしくお願いいたします。
それから、リンク前のに戻しておきます?それとも追加で前のもリンクしておけばいいですか?

投稿者 昆寛 : 2007年05月26日 15:23