« 温暖化でキノコにも異常警報! | メイン | 初春の収穫 »

2007年04月10日

山菜はあきらめてイワナ釣り

岩手の山菜(フキノトウとノカンゾウ)はようやく
日当たりの良い土手付近で見かけるようになりました。

皆様にお送りしたい沢沿いのフキノトウの状況を見るためにホームスティーのソーニャさんとドライブです。
結果的には写真のように山は残雪が多く目的のフキノトウは見かけることができませんでした。
そこで、イワナ釣りに変更です。
ソーニャさんはイワナ釣りは初めての経験でしたが写真のように上流部で1匹ゲット!!
釣れたイワナは23cm前後の大きさ、興奮気味のソーニャさんでした。

ソーニャ2組写真.jpg


源流付近は雪が多く山菜どころではありません。
少し残雪がない付近まで下ることにしました。

中流付近から下流は山に雪があってもチラホラで春が始まっています。
土手には福寿草が咲き始め、
周りには少しですが痩せたフキノトウ(バッケ)が顔を出しています。
比較的に大きい物数個を選んで今日は味噌バッケを作ることにします。

natm新.gif

●明日はこの場所にイワナを目的として相棒の山さんと再びトライです。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2007年04月10日 16:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/266

コメント

ひえー、まだ雪があるんですねー!
ロシアの人には、フキノトウの苦味はどうなんでしょう?感想が聞きたいですネ!

投稿者 荻田毅 : 2007年04月11日 14:05

荻田毅さんへ
まだまだ上流は雪だらけです。
ロシアのソーニャの場合は味噌バッケは好んで食べています。天ぷらであれば苦味がある程度消えるので美味しいといって食べています。
納豆が大好きですからロシア人の中でも日本人に近い女性のような気がします。

投稿者 昆寛 : 2007年04月13日 23:35