« モチタラポ/2006 | メイン | 2006年/モミジガサ(シドケ) »

2007年02月16日

2006年/初春の山菜

dc050234.JPG dc050214.JPG dc050204.JPG dc050208.JPG dc050230.JPG dc041504.JPG

2006年の4月の中旬山菜(タラノメ)の発生状況を目的に里川から上流に向う。
左から1枚目はタラノメを採取する山です。
雪がまだ残っていて早いと思いながら、小沢をイワナ釣りをしながらの探索です。

2枚目は釣りをしている様子です。
周囲の山々の木の芽はまだついていませんが、川沿いには、コゴミ(3枚目)、ハワサビ(4枚目)、アサツキ(6枚目)がありました。5枚目はタラノメはまだ「つぼみ」です。
こうして、私は4月頃まで(山菜を出荷可能になるまで)渓流釣りを中心として山菜の育成状況を調べます。
(今年は何日早いとか、遅いとかを判断するのです)そのことをメンバーに伝え予定を組みます。ちなみに、この時のイワナの釣果は(20~25cm)が30匹でした。

dc042210.JPG dc040413.JPG

今年は異常気象で雪が少ないのですが、
山菜の春はやっぱり早いようです。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2007年02月16日 17:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/9

コメント

春が来るのは待ち遠しいのですが、異常気象も困ったもので、複雑な気持ちですよね。

投稿者 荻田毅 : 2007年02月19日 13:22

こんにちは。先日はご訪問有難うございました☆:。

山菜、良いですね。子供の頃良く祖母と山に採りに入ったのを思い出しました☆:。わらびやふきの強い香を覚えています。

釣りはしたことないのですが・・川に魚影を見つけるとわくわくしますね。でも20~25匹なんてすごい。

こちらのブログに伺うと奥深い山の中にいるようで心あらわれます。

読ませて頂いて有難うございました☆:。

投稿者 るりすずめだい : 2007年02月20日 12:04