« 2006年/モミジガサ(シドケ) | メイン | 2006年/ヤマウド »

2007年02月26日

2006年/クレソン

クレソンは晩春から初夏の間を除いて約1年中摘み採れる山菜です。

岩手山から沸き出でる小沢の周辺に群生していますが
私が住む岩手では栽培されて群生しているのと違って自然で清らかな流れの小沢で群生している場所はそう多くはないのです。

この場所を知っているのは私を含めて5人くらいでしょうか。
一度同じ日に摘むむことになったのですが
私以外全員レストラン、ホテル、料亭の方々でした。
採ることに競争心が出て雑に採るのかと思ったら、
お互いに丁寧に腫れ物に触るように大事に採る風景が不思議でした。

(考えてみれば皆さんプロです)

(乱獲しないように考えています)

だから・・・・・・・・。

年々減るどころか増え続けているのです。

(他の山菜もこうありたいものです)

フキノトウ、アサツキより最初に採れる山菜がこれ!

natmクレソン.gif

●クレソン(オランダガラシ):アブラナ科
明治初期に、フランス料理の食材として日本に持ち込まれた香辛野菜のクレソンが野生化した帰化植物です。日当たりが良く、水の流れのある浅瀬ならば多少汚れた環境でも繁殖します。
豪雪地帯以外であればほぼ1年中採取できます。
ただ晩春から初夏の開花の時期には昆虫の卵やヒルなどが付着する可能性があるので、この時期の採取は控えます。

クレソンの採取風景

natmクレソン33.gif

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2007年02月26日 10:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/241