« 2006年07月 | メイン | 2006年09月 »

2006年08月31日

・第5回セミナーに参加

KKR ホテルズ&リゾーツさん主催の第5回きのこセミナーに
岩手県森林組合連合会(千田氏)と
希林舘自然クラブ(昆寛)共同で出展者として参加させていただきました。

DSC01826.JPG
前回の出展は
「きのこセミナー」なのにきのこの出展は少ない経験があって、
陳列する商品(きのこ)を揃えるのに5人のメンバーを動員です。

また、プロとしてのプライドもあります。
岩手の「天然きのこ」を売り物にしている希林舘自然クラブですから
8月29日のセミナーに
何とか採り立てのきのこを用意したいと思ったのです。

その結果

上の写真(左)「アカヤマドリ」と「タマゴダケ」の収穫です。
おそらく市場には
まだ出回っていない第1号ではないかと思っています。
その他「サンプル」として食毒不明及び毒きのこが10点でした。

その他
ミョウガのつかみ取り100円コーナーでは・・・・
あっという間に品切れになってしまいました。
(来年は3倍の量に増やします。)
天然の根ワサビ、乾ワラビ、バッケ味噌などなど・・・
変わったものではキジの卵
皆様からいっぱい買っていただきました。
(ありがとうございました)

第5回きのこセミナー組写真.jpg
●写真は「きのこセミナー」での講演。挨拶の様子。
詳細については荻田さんのブログ

「天然食材探しへ近くに気軽に出かけよう!」で報告されています。

最後に希林舘自然クラブの目玉!
プレゼントの抽選です。
商品は大盤振る舞いの一人5.000円相当のきのこお任せセットです。

当選者は
東京の山田 充様、東京の須崎 喜代子様、埼玉の佐藤 善政様の3名様でした。
おめでとうございます。(岩手の天然物が様々種類がいっぱいです。)

●その商品の例が下の写真
%25E5%2587%25BA%25E8%258D%25B7%25E3%2582%25B1%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B9.jpg



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 00:15 | コメント (3) | トラックバック

一番上へ戻る

2006年08月28日

・ニセクロハツに注意!

今日の新聞に
毒キノコ「ニセクロハツ」を食べて
亡くなった方がいらっしゃいました。

気をつけて採らないようにしましょう!・・・・といっても
無理なのかもしれない。
本命の「クロハツ」はそう美味しい「きのこ」ではないので
ベニタケ科の「○○ハツ」類は採らないようにした方が無難です。
岩手では「そんただもの・・・食べるってか?」と言って
長年「きのこ採り」をする人は見向きもしません。

クロハツ.jpg

●写真は食とする「クロハツ」ですが

クロハツモドキjpg.jpg
これと似たものに「クロハツモドキ」がある。
夏から秋にかけて、広葉樹の地上に発生する。
傘は丸山形から中央のくぼんだじょうご状になる。

クロハツはヒダが荒く、傷つけると赤色から次第に黒色に変色する。
ニセクロハツは同じくヒダが荒いガ傷つけつと赤色に変化するが黒色に変化しない。

※いずれにしても、傘の色が黒っぽいハツタケ型の「きのこ」には手を出さない方がよい。

次の写真は
今日の「第5回きのこセミナー」に出展する毒キノコ類

きのこセミナー組写真.jpg



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 01:49 | トラックバック

一番上へ戻る

2006年08月27日

・きのこ採りの特権

この時期は
「ハツタケ」「アミタケ」「ハタケシメジ」探しに向うのですが
敢えて、
あわよくば「トンビマイタケ」をと思ってブナの深山に入りました。

そんな訳で、
相棒の竹田さんの背負い籠は大きいのです。
1箇所で籠に入りきらない量が採れることがあるからですが
思惑通りにいかないのが、このキノコの世界

半日歩いての結果は次の写真

dc092309.JPG

ナラの半枯れ立ち木にナラタケです。
しかし、
時期外れの「ナラタケ」のため暑さで腐った状態。
dc092313.JPG

●天然物であっても栽培物同様
発生する条件を作ってやれば年に3回も発生するのです。
そんな生える条件を知っている人は数少ない。
(季節外れのキノコを食べれるのはそんな人達の特権です。)



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 00:58 | トラックバック

一番上へ戻る

2006年08月26日

・今年は熊が多い!

今年の岩手県は熊の出没が多い。
先程のTVニュースでも隣町で、
山ではなく町に熊の襲われて重症!が放映されたばかり。
こんなことを書くと
「やっぱり・・岩手はど田舎か!?」と思われそうですが
皆さんがお住まいの町と何ら変わらないのです。
違うところは自然がいっぱいの山が側にあるだけですが
(それは田舎?)

熊組写真.jpg

●新聞によると昨年より今年は個体数が2倍以上だということ。
算定方法は「ヘアトラップ法」といって木に仕掛けたリンゴを取りにきたクマから毛を採取してDNA鑑定をして個体数を調べるというもの。
仕掛けは木の周囲に張った上下2段の有刺鉄線に毛が引っかかる仕組みで毛を回収して固体を調べる。
リンゴは金網で巻いていてクマ以外の野生動物には食べられないようになっている。
遠野だけで132頭+αだそうで、現在は私のエリアの雫石町と沢内村を調査中とのことで300~400頭以上の可能性がある。

私も毎年一二度は遭遇しているが、そんなに増えているとは考えもしなかった。
「こりゃ~、鎌だけでなく鉄砲が必要になるのか?」
きのこ採りも命がけで山に入らなければならなくなるのか?

いずれにしても
皆さんも気をつけて「きのこ採り」を楽しみましょう。




ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 01:53 | トラックバック

一番上へ戻る

2006年08月24日

。きのこセミナーの出展品

来週の月曜日(8/28)に
第5回きのこセミナーKKRホテル東京で開催されますが
そのセミナーに出展するための
食用、毒キノコにかかわらず情報収集に岩泉方面に
地元のプロと行ってきました。
この日収穫されたキノコは以下の写真

●セミナーで出展されるものは前日の日曜日に再度山に入り
採取されたものを当日販売もいたします。(ご期待下さい。)

tamago組写真.jpg

1・アカヤマドリ(イグチ科)
コナラ、クヌギ、アカマツの混生林に生える大型のキノコ
表皮や管孔を切り取って油炒め、煮付、焼き物に利用する。
2・タマゴタケ(テングタケ科)
ブナ、ツガ、アカマツなどの地上に生える。
卵を割って成長したかに見える。
一見、色が赤く毒々しいので毒キノコに見えるが
ちゃんとした食用キノコです。
ダシのよく出る貴重なキノコ
3・カバノアナタケ(サルノコシカケ科)
食用ではないが薬用として珍重されている。
ダケカンバ、白樺などの老木に生える。
制ガン作用があることで有名!

●その他には
干しワラビ、バッケ味噌、ハナビラタケ?も販売
ミョウガの100円片手掴み取りも企画しております。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 01:14 | コメント (1) | トラックバック

一番上へ戻る

2006年08月22日

・涼しさを感じさせる風景2!

毎日、湿度が高くて眠れない夜が続きますね。
そこで
クーラー替わりに冬の写真2です。
少しは涼むことができるでしょうか?

natmhuukei2.gif

●写真(竹田真:2006・1撮影)
この場所は「ハタケシメジ」が採れる重要な牧場のポイントです。
冬に来ても「きのこ」はある訳がないのですが・・・
昨日の荻田さんのブログ「天然食材探しへ近くに気軽に出かけよう!」
車で山道を走っていると、
「オッオーッ!!ココに絶対キノコが出る!!」と
私の頭の中にある「キノコ・レーダー」が反応する場所がある。
と書いてありましたが、
私も荻田さんと同じく「キノコレーダー」が働き、きのこ探しにやっきになっています。
しかし
相棒竹田さんは「被写体探しレーダー」を新しく備えつけたようで
そのレーダーできのこより被写体探しにやっきになっています。
写真はそのレーダーで探し当てた「涼しさを感じさせる」作品です!



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 00:33 | コメント (2) | トラックバック

一番上へ戻る

2006年08月21日

・涼しさを感じさせる風景1!

毎日、湿度が高くて眠れない夜が続きますね。
そこで
クーラー替わりに冬の写真ですが
少しは涼むことができるでしょうか?

huyu natm.gif

●竹田真(2006・1・撮影)
真冬の高原に
朝日が昇る寸前と日が落ちて星空を一日かけて撮影したもの。
魚を釣るタイミングとか山菜、きのこを採るタイミングより、
同じ場所にジッと待機して、
一瞬の映像を撮るタイミングは非常に難しいのではないでしょうか?
気が短い私には到底無理!
相棒の竹田さんを含め、写真を撮る人はたいしたもんだ。 
(敬服します。)



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 01:34 | トラックバック

一番上へ戻る

2006年08月04日

・マツタケが出た!

今日の地方新聞に岩手県産「マツタケ」が青果店で販売されていることが載っていました。
6本だけだったようですが、すぐ売れてしまったとか。

そこで毎年通いつめている八幡平の「ツガマツタケ」の様子を見にいってきました。
最盛期に誰もいない山に入るのはシメシメという気持ちなのですが、出始めの時の誰もいない山に行くのはボウズが多いため、不安とあきらめがいっぱいなのです。
案の定、今日はボウズでした。
梅雨も開けてなんと今日の気温は真夏です。
汗をかきながら・・・バカみたい。
そんな一日でした。

以下は昨年の「マツタケ採り」の採取風景です。
これを見て少しは「マツタケ採り」の雰囲気を味わっていただけるでしょうか?


dc100902ann  (修整1).JPG


写真1:八幡平のある源流沿いの紅葉はこんな感じ
八幡平の頂上付近(源流沿い)は紅葉真っ盛りでした。
中腹付近はまだ中途半端な紅葉です。
マツタケ採りは比較的に高い位置のツガを目指しますので
写真のような紅葉を見ながら「マツタケ探し」ができます。
さて
競争率の高い「ツガマツタケ」は採れるんでしょうか?
採れる確率は10%もない気がします。
相棒は「俺の畑だから大丈夫だ」と言ってくれますが
不安がいっぱい期待が少し・・・と入り混じっています。

ツガ松茸6.jpg

写真2:マツタケ採りの出発点です。
平日であっても、車を置くスペースが少ないため
マツタケ採りの駐車でお祭りになるのですが、
不思議にも一台も止まっていません。
「ラッキだな~」そう二人で言ってしまいました。
なんか大収穫の予感がしてきました。
ここから30分程上へ上へとあるポイントを目指すのです。
相棒「やっぱりあろぞ~」と興奮気味の声を発しています。
例のごとくカメラマンの私は枝が身体にぶつかるのもなんのその
急いで相棒のいる場所に向います。

ツガ松茸5.jpg ツガ松茸4.jpg

写真3:待望の「ツガマツタケ」を発見!
ツガの根元から50cmくらい離れた所に傘が15cm位が1個
蕾状態が1個並んで生えています。

写真4:マツタケの周囲の枯れ木、葉を取り除く
マツタケは環境に敏感な「きのこ」できのこの王様の名にふさわしい。
30~40年以上のツガの木があって、岩場で表土が浅く、
風通しがよく、傾斜があって、日当たりがいい所、そんな場所を好む。
茎が地中深く埋まっているため
硬い地盤を丁寧に掘って採るようにする。

ツガ松茸2.jpg 松茸梱包.jpg

写真5:大きい傘の「ツガマツタケ」を採った風景
土瓶蒸しにしたら何人分できるか見当がつかないそんな大きさです。
蕾の方が高く売買されるが、食べれば味は同じ、
むしろ大きい方は匂いが抜群である。

写真6:マツタケ2本で300g
市場になかなか出ない理由は、数が少ないことと、
高級料理店でまとめて買い上げてしまうこと、
販売価格が高いことが理由だと言われる。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 01:08 | コメント (1) | トラックバック

一番上へ戻る