« ・ムジナタケの語源 | メイン | ・カヤタケと渓流釣り »

2006年07月13日

・キアミシイグチ(イグチ科)

散歩道で見つけた「きのこ」
梅雨時で発生条件がいいせいか
早い「きのこ」で一日で成長するものもあるが
3日でこの大きさになった「きのこ」

DSC01441.JPG

●キアミシイグチ(イグチ科)
特徴は丸山形から平になり写真のように上に反る。
表面は黄土褐色で茎は黄色の下地に赤黄色の網目模様がある。
食毒不明のきのことされている。
岩手ではこれと似た仲間で「ハナイグチ」と「アミタケ」はよく食べるが
その他のイグチ科は手を出さない。

キイロイグチnatm.gif

●この「キシアミイグチ」と似ているものが「キイロイグチ」
キイロイグチは傘も茎も黄色の同系色で傷がつくと青く変色する。
いずれにしても食毒不明いなっているで採らない方がいい。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2006年07月13日 00:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/393