« ・ハタケシメジとオオホウライタケ | メイン | ・キアミシイグチ(イグチ科) »

2006年07月08日

・ムジナタケの語源

ムジナタケの「「ムジナ」の語源は何だろうと考える。
ムジナと言うとゲジゲジのような感じもするが全然違う。
また諺に「同じ穴のムジナ」があるが何か関係があるかも知れない。
気になって少し調べて見ました。
「同じ穴のムジナ」の意味は(よからぬ企みをする仲間)ですが
仲間だから似たもの同士の何かを「ムジナ」と言っているものと想像する。
想像しても、硬い頭では想像できません。

(ここで、また調べてみました)

mujinatakenatm.gif
何のことはない。・・・
タヌキとアナグマの両方を指すのだそうだが雰囲気は傘も茎も茶褐色のフェルト状の鱗片で覆われていることから,タヌキの毛皮に似ている。
そこから・・・ムジナはタヌキに似ている・・・だからムジナタケとなった・・・ん?
ところが更に調べると実はムジナはアナグマが正しいことがわかる。
体型、顔つきがにタヌキによく似ているがタヌキとは違う。
結論:ムジナとはイタチ科の哺乳類アナグマの別名なのだがタヌキとアナグマをと混同してムジナになったよう・・・これが正解らしい。

ところで、
このムジナタケ(ヒトヨタケ科)は
あまり美味しいものではないので岩手では食不適となっている。

そう言えば、このムジナタケは前の日はなかったのに
次の日はあったので一夜で成長したことになる。・・・だから「ヒトヨタケ科」か?

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2006年07月08日 21:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/386

このリストは、次のエントリーを参照しています: ・ムジナタケの語源:

» ムジナタケ from 自然に魅せられるブログ.Jr
前日には生えていなかったのに一晩で姿を現したのは ヒトヨタケ科のムジナタケか? ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月08日 10:37

» ムジナタケ from 自然に魅せられるブログ.Jr
前日には生えていなかったのに一晩で姿を現したのは ヒトヨタケ科のムジナタケか? ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月08日 10:38

» ムジナタケ from 自然に魅せられるブログ.Jr
前日には生えていなかったのに一晩で姿を現したのは ヒトヨタケ科のムジナタケか? ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月08日 10:39