« ・山菜は温度差2℃でこんなに違う | メイン | ・ギョウジャニンニク採り »

2006年05月14日

・バッケ(フキノトウ)採り

すでに里のバッケ(フキノトウ)が終ってから
私達は奥深いイワナが潜む源流に向います。
その斜面には苦味が薄く柔らかな雪解けバッケがあるからです。

DSC00829hukinotou.JPG

岩手県のフキは大型のアキタフキのため大きいものでは子供の拳骨くらいの大きさ、残雪の中あるいは傍のバッケを縦に割って見ると写真のように黄色でとても奇麗なのが特徴です。
「バッケ味噌作り」には、ほど良い苦味で、一度食べたら
里のバッケとは比較にならないほど美味しさがあり、
おにぎりの具には最高!!といった感じでしょうか。
このバッケでなければ
ダメだというこだわりのお客様もいらっしゃるほどです。

以下はその採取風景です。
雪を掘って採るバッケは
里よりも早く採れて最も貴重なものとなっています。
また美味しさの理由には日射が多く注ぐ里のバッケに比べて
適度な日射と涼しさ、湿度があります。
日射が多く当たりすぎると紫外線で硬くなり、苦味がまし、
通称「赤フキ」と呼ばれるようになります。
組写真.jpghukinotou2.jpg

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2006年05月14日 01:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/308

コメント

もうすぐ春~ですね!
これはとてもとても楽しみな山菜です。きっと食べたらおいしいですよね。もったいないなぁぁ。

投稿者 あらかし女将 : 2006年05月14日 11:29

いつもお世話になります.横浜市都筑区の岡本です.本日山菜お送りいただけるとのメール有難うございました.笹竹と渓流魚もぜひ送ってください.笹竹を次回の山菜セットに入れていただいてもけっこうです。
それでは次回も楽しみにしております。

投稿者 岡本 保孝 : 2006年05月21日 08:26