« ・クレソンの採取風景 | メイン | ・クレソンのフォグラの炒め物他 »

2006年05月28日

・蕁麻疹(じんましん)と関係がある山菜

ワラビとモミジガサ(シドケ)に並んで美味しい山菜の代表格は
アイコと言う山菜!
正式名称はミヤマイラクサなのです。

DSC01021.JPG

●この風景は砂防ダムの上流部分
岩魚のいるいくつかの小沢を集めて、
砂防ダムで堰きとめられて湖の状態を作る。
その対岸の斜面に一面に「アイコ」の群生地帯発見です。

DSC01020.JPG

●ミヤマイラクサ(イラクサ科)岩手の方言:アイコ、アエッコ
比較的に低い山でも、沢沿いに群生して分布します。
または、やや薄暗い腐葉土の多い林内などにも群生する美味な山菜。
大型の多年草で、卵型の大きな葉が互生して葉の先端は尾状に突き出していて葉茎ともに一面に鋭い刺毛が生えています。

※この刺毛の先端には、蟻酸が含まれており、触れると先端が折れて、蟻酸が人体に入り込む仕掛けになっているので、刺されると痛くて痒い。
イラクサのことを漢字で書くと、蕁麻(じんま)と書き、蕁麻疹(じんましん)という病気は、この植物に刺されたときのような状態になることからついた病気らしい。
(知り合いの医者が言っていました。)
ということで、採取するときは皮手袋か軍手をはめなければ、やっかいな山菜である。
正直にいってあまり採りたくない山菜ですが、湯通しすると不思議にも刺毛が柔らかくなってしまう。

DSC01019.JPG

●食べ方はさっと湯通しをすると刺毛が柔らかくなるので、それから皮を剥いて使用する。
煮付けたり、ゆでて色々な和え物にしたり、汁の実、卵とじ、サラダ等クセもなくアクもないおいしい山菜なのです。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2006年05月28日 22:17

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/321

コメント

こんばんは。
ボクの目は、山菜よりも小沢をせき止めてできた小さな湖の方に行ってしまいました。(笑)
先日、アウトドア用品の店に行ってフライフィシングの道具などを見て来ました。まだ先の話になりそうですが、少しずつ買い揃えていくつもりです。
それにしてもいい緑ですね。

投稿者 ione : 2006年05月29日 03:02

ione さんへ
今が山全体が緑が多く、とても癒されます。
特に早朝に渓流に岩魚釣りなどすると朝もやの中の渓流のせせらぎの音は別世界にいる感じがして、ストレス一発解消です。

投稿者 昆寛 : 2006年05月30日 22:31