« ・ヌメリスギタケの回想写真 | メイン | ・「第4回きのこセミナー」が開催! »

2006年01月28日

・コガネタケの回想写真

コガネタケが生える場所には
「ハタケシメジ」があると思えばよい。

またハタケシメジが生える場所には
「オシロイシメジ」があると思えばよい。

理由は科学的に定かでないが密接な関係にあるように考えられる。

natmkogane.gif

●コガネタケの発生風景場所と発生風景
ここは杉の植林地の林道から撮影したもの
林道に脇に見事な「コガネタケ」が群れをつくっていた。
周囲をくまなく探すと「ハタケシメジ」も生えていた。

傘は10~15cmと大型になり、全体に黄金色の粉で覆われており、触れると粉がつく。
このきのこに類似する猛毒の「オオワライタケ」があるがこのきのこには黄金の粉がないことで判別できる。また「コガネタケ」は枯れ木に生えないが「オオワライタケ」は枯れ木に生えることで判別できる。

natm黄金3.gif

●コガネタケ(食):ハラタケ科
岩手の方言でコナタケ、オウゴンタケ、キナコタケと言う。
9~10月に草地、道端、林内に発生する。
茎を焼いてから塩、醤油をつけて食べるとスルメのような味がして美味しい。
酒の肴には最高!

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2006年01月28日 23:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1732