« 2005年12月 | メイン | 2006年02月 »

2006年01月30日

・とてつもない大きさの「きのこ」

今日の
地方新聞の「紙風船」というコーナーにマイタケ採りに行って
五葉山でとつもない大きさの
「きのこ」が採れた記事が載っていました。

それは

幅70cm×高さ50cm×厚さ20cmの
重量20kgの超大型の「サルノコシカケ
20年以上の成長の結果この大きさだとか

(どんでんする大きさでです)

それよりも20年も見つからなかったことの方が不思議です。!

dc013001ann  .jpg

普通「サルノコシカケ」は手のひらに乗るくらいのサイズが一般的

コピー ~ dc100592.JPGdc102536.JPGdc092407ann  .JPG

マイタケ採りで1箇所で20kgの記事はこちら
        ↓
http://blog.kirinkan.biz/archives/2006/01/post_226.html



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 22:10 | コメント (2) | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月29日

・「第4回きのこセミナー」が開催!

KKR ホテルズ&リゾーツさん主催の
第4回きのこセミナーが2月20日に開催されます。
全国から「きのこ」大好き人間が集います。
「きのこ」についての勉強ができて商品が当たるゲームもあったりして楽しいセミナーになりそうです。

きのこセミナー.gif

●写真は昨年の「第3回きのこセミナー」の様子です。
「きのこ」についての勉強があり、食事会もあって入り口付近では珍しい「きのこ」の即売会、書籍なども販売している様子で大盛況でした。

第4回はクイズに答えると商品をゲットできるそうですよ!
興味のある方はこちらをクリックして下さい。↓
荻田さんのブログ「天然食材探しへ近くに気軽に出かけよう!」
http://blog.livedoor.jp/ogita5/archives/50331375.html#trackback

詳細はこちらをクリック→ 「第4回きのこセミナー」のご案内

続きありま~す。

**小手調べにクイズに挑戦!!!**

問題

下のスライドショウの写真の「きのこ」の名前を当てて下さい。

natmきのこ種類.gif

満点解答者1名様に
岩手の山菜「詰め合わせセット1kg」をプレゼントいたします。
ご希望の方はコメントに答えを書いて送信して下さい。
応募多数の場合は私の勝手な抽選方法で決定いたします。
当選者ブログで発表いたしま~す。

ヒント:きのこの種類は17種類です。
知名度の高いきのこで食とされているものすが
1個だけ(キンタケ)の写りが悪いのでその他16種類を答えて下さい。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 20:40 | コメント (5) | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月28日

・コガネタケの回想写真

コガネタケが生える場所には
「ハタケシメジ」があると思えばよい。

またハタケシメジが生える場所には
「オシロイシメジ」があると思えばよい。

理由は科学的に定かでないが密接な関係にあるように考えられる。

natmkogane.gif

●コガネタケの発生風景場所と発生風景
ここは杉の植林地の林道から撮影したもの
林道に脇に見事な「コガネタケ」が群れをつくっていた。
周囲をくまなく探すと「ハタケシメジ」も生えていた。

傘は10~15cmと大型になり、全体に黄金色の粉で覆われており、触れると粉がつく。
このきのこに類似する猛毒の「オオワライタケ」があるがこのきのこには黄金の粉がないことで判別できる。また「コガネタケ」は枯れ木に生えないが「オオワライタケ」は枯れ木に生えることで判別できる。

natm黄金3.gif

●コガネタケ(食):ハラタケ科
岩手の方言でコナタケ、オウゴンタケ、キナコタケと言う。
9~10月に草地、道端、林内に発生する。
茎を焼いてから塩、醤油をつけて食べるとスルメのような味がして美味しい。
酒の肴には最高!



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 23:45 | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月27日

・ヌメリスギタケの回想写真

dc100360.JPG11.jpg

・ジャンボ!ヌメリスギタケ
名前のごとく「ヌメリ」が天然ナメコのように著しく
粘着物のきのこの中でも群を抜いている。

似た仲間にスギタケ、ナメコがあるが
スギタケは傘は「ヌメリスギタケ」と
同じく全面褐色のささくれで覆われているが粘着物はない。
一方
天然ナメコはささくれを持たないが粘着物はあるのが特徴。

この他似た「きのこ」の仲間には、
ヌメリスギタケモドキ、チャナメツムタケ、キナムツムタケがある。

●煮つけ、味噌汁、澄まし汁、納豆和え、豆腐汁に合っているがそう美味しいものではない。
ヌメリがある「きのこ」の中でランキングでは下位に位置する。
でも大量には収穫できない「きのこ」でもある。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 22:08 | コメント (1) | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月26日

・マスタケの回想写真

natmマスダケ.gif

写真:「マスタケ」(サルノコシカケ科)
岩手の方言で鱒の肉の色に似ていることからマスダケ、アカダケと呼んでいる。
針葉樹、広葉樹の枯れ木、倒木、切り株に生えて
時期的に「マイタケ」採りでよく見つけることができる。
肉は柔らかく、傘は20~30cm半円形で折り重なって株となる。
産直ではこのくらいの量だと3.000円で売買される。
油炒め、すき焼き、煮物(煮しめ)には最高の食材になるが
モソモソして美味しい「きのこ」でないという人もいるが
いったん塩づけして保存し数ヶ月後に塩出ししてから料理に利用すると
だし汁の味がしみ込み美味しい「きのこ」となるから不思議である。
natm13.gif



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 19:20 | コメント (1) | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月24日

・ウラベニホテイシメジの回想写真

ウラベニホテイシメジの茎の部分は
「ホタテの貝柱」を食べた時のシャキシャキ感と甘みに特徴があり
大変美味しい!

natmurabeni.gif

写真1:ウラベニホテイシメジ(イッポンシメジ科)
イッポンシメジ科の名の通り株にならないで一本、一本別々に生えている。
主に松、雑木林の混生林に主に発生するがクリ、ナラナ等の広葉樹林にも発生する。
大型で丸みのある円錐形で後に傘が開き平になる。
傘の表面は写真のように灰褐色で白っぽいかすり模様がある。
傘が開くと指で押したような斑紋が見られる。
一方
毒のイッポンシメジの傘の色は淡灰色でかさの周辺は波のように曲がっている。
もう一つの毒クサウラベニタケの傘の色は灰色~ねずみ色地中に入っている茎の長さが短いのが特徴!

*茎の長さ(16cm)に注目!*
natm123.gif

ウラベニホテイシメジは写真のように茎が長く充実感があり7cm~17cmにもなる。茎の半分くらいが地中に埋まっていて小さい大根を引き抜くような感じで採れる。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 01:45 | コメント (2) | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月23日

・優れものグッズ「勝ちわりくん」

今年は大雪で除雪することは大変な作業ですが
除雪したと思ったら、また降り続いて除雪が間に合わず
圧雪凍結となり氷の層ができて滑りやすく危険な状態になっています。

氷の層は一般的にはスコップの先とか大型のバールでたたいたりして
取り除こうとしますがコンクリート並みに硬い氷はそう簡単に取れものではありません。

そこで「勝ちわりくん」という商品、氷を割るには優れものです。
筒の中には氷を割る先(ピック)がスライドして動くので
女性やお年よりでも簡単に割ることができます。

春先に向けて特に道路は凍った状態が続きます。
試してみる価値あり商品です。
●注:これは商品の販売するための宣伝ではありません。
私が個人的に使用して見ての優れものグッズとしてのご紹介です。
興味のある方は
東北公営企業(株):岩手県盛岡市中太田103-3
電話:019-659-3088にお問い合わせ下さい。

dc012301ann  .jpg dc012302ann  .JPG

写真1:「勝ちわりくん」のカタログ
写真2:実際に私が使用した状況



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 16:00 | コメント (3) | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月22日

・ホンシメジ採りの回想写真

natmホンシメジ.gif

写真1・2:ホンシメジ(キシメジ科)
方言でウエッコ、ダイコクシメジ、クロシメジとも呼んでいる。
アカマツ、コナラ、カシワ、ツツジ等の混生林に点々と生える。
シメジ特有の「妖精の輪」をつくり、
タイミングが合えば1個所で沢山採れることがある。
傘の色は灰色から淡い灰色に変化し、
ヒダ、肉、茎は白く、根元が太くなるのが特徴!
「匂い松茸、味シメジ」と言われるだけあって
味の最もよいきのこの代表格の地位につけている。

●近年発生量が激減し収穫量からみれば「マツタケ」より少ないのではないかと思える。
地元の産直で販売されることがあっても一般市場には出ない高級なきのことなっている。

*ホンシメジの発生様々の写真*
natmホンシメジ9.gif


ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 22:50 | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月21日

・エノキダケ採りの回想写真

dc0130340.jpg

これが天然のエノキダケの発生風景ですが
市販されている「エノキダケ」と比較すると
「エッ!これがエノキダケ?」と言う人がほとんどじゃないかと思う。

栽培物は白くひょろ長くてすき焼きの具として多く利用されていて
天然物は茶色で短く栽培物と大分姿は異っています。

これは栽培物はビンの口に筒状に紙を巻き、茎をモヤシのように
長く成長させるため育てているためなのですが・・
一方
天然エノキダケは
晩秋から春にかけて発生し、岩手では柳の木が多いためか
柳の木に発生している姿をよく見かけます。
その他、エノキ、クワ、カキ、ポプラ等に発生し
里で植えていることが多いため
山奥に入らなくても見かけることができます。

今年の冬は大雪で
例年採れる場所はスッポリ雪で埋まってしまいました。
さらに雪の表面が凍っていて採るチャンスは失ってしまい雪解けの春を待つしかありません。
(残念です)

都会で「エノキダケ」が採れた情報があります。
それは
●都会に生えるエノキダケのことについての
荻田さんのブログ(記事)をご覧下さい。

「天然食材探しへ近くに気軽に出かけよう!」
          ↓
http://blog.livedoor.jp/ogita5/

「エノキダケの採取風景」
natmエノキダケ.gif


ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 02:30 | コメント (9) | トラックバック

一番上へ戻る

・エノキダケ採りの回想写真

dc0130340.jpg

これが天然のエノキダケの発生風景ですが
市販されている「エノキダケ」と比較すると
「エッ!これがエノキダケ?」と言う人がほとんどじゃないかと思う。

栽培物は白くひょろ長くてすき焼きの具として多く利用されていて
天然物は茶色で短く栽培物と大分姿は異っています。

これは栽培物はビンの口に筒状に紙を巻き、茎をモヤシのように
長く成長させるため育てているためなのですが・・
一方
天然エノキダケは
晩秋から春にかけて発生し、岩手では柳の木が多いためか
柳の木に発生している姿をよく見かけます。
その他、エノキ、クワ、カキ、ポプラ等に発生し
里で植えていることが多いため
山奥に入らなくても見かけることができます。

今年の冬は大雪で
例年採れる場所はスッポリ雪で埋まってしまいました。
さらに雪の表面が凍っていて採るチャンスは失ってしまい雪解けの春を待つしかありません。
(残念です)

都会で「エノキダケ」が採れた情報があります。
それは
●都会に生えるエノキダケのことについての
荻田さんのブログ(記事)をご覧下さい。

「天然食材探しへ近くに気軽に出かけよう!」
          ↓
http://blog.livedoor.jp/ogita5/

「エノキダケの採取風景」
natmエノキダケ.gif


ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 02:30 | コメント (9) | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月20日

・コウタケ採りの回想写真

組写真 .JPG

写真1:採りたて400gが
天日干し1週間で重量40gになった乾燥コウタケ
写真2:コウタケ採りたて400g

そこで・・・・調理方法は

●乾燥コウタケをいったん水に入れて戻し、
黒くなった水は捨てて料理に利用します。
炊き込みご飯、五目ずし、天ぷらによく合って美味しいものです。

ちなみに

生で食べると胃腸系の中毒を起こすと言われているので
絶対に生では食べてはいけません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※参考:長沢栄史 監修の「日本の毒きのこ」から抜粋
毒成分は不明であるがその他の化合物としてコウスチン(抗アレルギー性多糖)セラミド類、ステロール類、テレホール酸(色素)を含み中毒症状:下や喉の痺れ、発疹、排便時に肛門の痛みなどを起こす。
特に生で食べた場合は胃腸系の中毒を起こす。
ただし加熱することによって美味しいきのこである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●採りたてをすぐ食べる場合は
塩を振って焼いて食べると香ばしく美味しくいただけます。

写真3:コウタケ(イボタケ科)の採取風景

9月~10月中旬にかけてマツ、ミズナラ、コナラの混生林地上に点々と生える。稀に2~3個固まって生えている場合があり、大きい物では傘が30cmにもなる。落ち葉と土に紛れて見つけづらいので踏みつけてしまう場合があり、周囲をゆっくり見渡しながら探すことが収穫に繋がります。

natmコウタケ.gif


ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 00:52 | コメント (2) | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月19日

・マイタケ採りの回想写真

天然マイタケは発生率が低い上に競争率が高いので
マツタケに次いで市場にはめったに出ない「きのこ」の一つです。

そんな貴重な「きのこ」のわりには
取引される価格はマツタケの10分の1程度で
難儀さで比べると効率の悪い「きのこ」といえます。
マイタケ→舞茸の字のごとく発見したら踊るくらいうれしいもので

マツタケに次いで
そんなワクワクドキドキ感を
いっぱい味わうことができるのがこの「マイタケ」

dc091222 JPG.jpg

●写真1:約2kgの天然マイタケ
数年前に1箇所で20gk(上の写真の10個分です)のマイタケを採ったいうニュースが地方紙に報道されたことがあります。
一人で持ち帰るこのができないため、いったん自宅に戻り仲間2人を招集し深夜懐中電灯を灯しながらマイタケを採ったそうです。
発見した人のコメントは
「秘密の場所が知られてしまうので一人で採りたかった」・・という本音をもらしたそうです。
そうです・・・「きのこ」好きの人は意外とこんな気持ちがあるのでは?
ちなみに
私は若い時はそうでしたが今では皆で行くのが楽しいそんな年代になってしまいました。

●そんな「どんでんする」ようなマイタケに遭遇したいため時期が来るとマツタケよりマイタケ採りに行く回数が増えています。
(ボウズのほうが多いんですが・・)

**そのナラマイタケの採取風景写真は矢印をクリック**
            ↓

natm2.gif


ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 00:35 | コメント (6) | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月18日

・ナメコの採りの回想写真

ブナの木が生い茂る深山の
岩魚がいる源流の上流に行きつくと魚止めの滝があります。
尾根を中心として伐採された後の切り株を丹念に探します。

dc102830 コピー1.JPG

きのこ採りはギャンブル的要素があり、予想した場所を探し当てて
見つけると踊るくらい興奮します。
「きのこ採り」が好きになるのはこんな理由が第一のような気がします。

下の写真は滅多に当たらない量を発見して(興奮!)
切り株に生えていた「天然ナメコ」の採取状況です。

dc102121(修整1) コピー4.JPG
近年、森林環境保護のため、ブナの伐採は禁止されていて、
伐採後の切り株での天然ナメコは減りつつあります。
また昔、伐採は冬に行われて「馬そり」で運搬していたものが
近年は林道を作ることにより、「車」での運搬が可能にし
冬以外に伐採されてきました。

冬の伐採による切り株は切り口に雪が覆い、
徐々に適度な水分を補給しながらきのこの発生を促します。
一方
冬以外の切り株は水分の補給が冬に比べて条件が悪くなるため
余程、伐採後に長雨が降り、発生する条件が揃わない限り
切り株があっても発生の確率は悪くなってしまいます。

そんな中で条件が揃って発生していたラッキーな場所でした。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 01:35 | コメント (4) | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月17日

・クリタケ採りの回想写真

dc102650.JPGdc102651.JPG

晩秋のナラタケが終りナメコが出始める頃に
「クリタケ」が発生しますが類似した「きのこ」に
猛毒の「ニガクリタケ」があります。
注意が必要です。

猛毒の「ニガクリタケ」と食の「クリタケ」の違いを
傘の色で以前に説明いたしました。
しかし
あちこちの山に入って「クリタケ」に出会うと色だけでは
簡単に判別できない「クリタケ」もあることがわかりました。

根本的に色が違う「クリタケ」があるということではありませんが
発生する時期の違いと山の違いが
微妙に色に変化を起こしているように思えます。
橙色、薄い紫色。白っぽい黄色
傘が濡れていると「ナメコ」と見える「クリタケ」もあります。

(写真でわかるでしょうか?)↓をクリック

natmakabori.gif


ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 02:22 | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月16日

・ナラタケ採りの回想写真

dc102810ann  JPG.jpg

写真1:ナラタケが発生する風景
栗、ナラ、ミズナラ、カシワ等の広葉樹の枯れ木、
切り株、朽木の根元、周囲に、
またその近い地上に固まりになって多数発生する「きのこ」ですが、
この場所はナラの木が伐採された後に杉の木が植林された地域
そんな所が狙い目!(ナラの木は黒炭に利用されている。)

natm3.gif

dc101425ann  .JPG

写真1:ナラタケ採りの採取風景
岩手では10月の後半から11月初旬にかけて
体の頑丈な「ナラタケ」が広葉樹の切り株に発生する。
霜が降りると、霜焼けして形が崩れてしまうが一般的だが
この「ナラタケ」は霜にも負けずにシャキッとしているのには驚く。
大きいものでは傘の直径が8cm前後、柄の長さは12cmにもなる。
1箇所でマイタケのように群をなして、
籠いっぱい5kgの発生に遭遇することがある。
柄、傘とも硬いため採る時「ボキッ」と音がするのがこの「きのこ」

natm1.gif


●想い出がいっぱいあって・・・秋が待ち遠しい!
「きのこ」好きの皆さんも同じ気持ちではないでしょうか?
今年はきっと豊作ですよ!



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 02:02 | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月14日

・マンションの結露対策(完了)

●結露対策の基本的原則に
実際の現場に照らし合わせてみることにします。

■結露発生の要因を考える。
・住人からの住まい方の聞き取り
・大人二人、子供一人の三人家族
・局所換気扇(台所、バス、トイレ)は使用しない時は止めている。
・暖房は間欠暖房で使用している。

・目視による現況と生活スタイル
・洗濯物を南側の和室6帖に干されていた。
keturo9.jpg keturo20.jpg
写真のように洗濯物を室内に干している様子

・北側の和室6帖の
内外ガラス共結露が発生し隅部は結露とカビで汚れている。
また外部のサッシは凍って開かない。
また外部側から見てサッシ下端が凍結でタイルに亀裂破損がある。

・押入れの隅部はカビで汚れている。

・各二重サッシの
中間の木部枠は結露で汚れて腐朽前の状態になっている。

・玄関扉枠が結露で水滴となり下部まで流れ出て外部側まで流れ出て凍結している。

・メータBOXの枠、扉も結露水で外部側に流れ出て凍っている。

・調査方法と判断機器
一日の住まい方を知るために長期温湿度計を設置して2日間の記録を取った。
12/13(PM5:00)~12/15(PM5:00)の間を1時間毎の平均温湿度を計測した。
また露点温度計にて12/13(PM5:00)の露点温度を計測した。
また表面温度計にて各室の天井、壁、床の表面の温度を測定した。
局所換気の風量測定をする。
熱カメラで断熱欠損の状態を調べる。
dc011203ann  .jpg
その他
確認のため表面結露、内部結露の有無を計算によって確認する。

■長期温湿度記録計から要因を考える。
1・LD(廊下の扉の上部に設置)のデーターによれば外気温が‐2℃の時の平均値温度は19℃、相対湿度は64.6%となっている。温度のMaxは23,9度、相対湿度のMaxは82%あってMinの温度は14.3℃、相対湿度は54%となっている。

●このことから判断できることはLDにおいては露点温度より室内温度が高いことからLDにおいては表面結露が発生しないことが判断できる。
ただし二重サッシの内外側においては24℃(82%)時には結露が発生していると思われる。
(原因は洗濯物を干した状態と想像される。)

2・北側の和室6帖のデーターによれば
北側の場合は(壁隅の上部に設置)のデーターによれば外気温が‐2℃の時の平均値温度は11℃、相対湿度は94%となっている。
温度のMaxで19℃相対湿度のMaxは99%あってMinの温度は9℃、相対湿度は57%となっている。

●このことから判断できることはMin時に9℃(57%)では露点温度は1℃になっているが外側のガラス面及びアル19℃ミ枠が1~2℃前後になっており結露が当然発生する計算結果となる。さらに室内のPVCサッシの周囲の枠に気密が(隙間がある)取れていないため、外部側で発生した結露の水滴が下レールに溜まり外気温度が氷点下になると凍ってしまう。それに反して室内側は9~19℃になるため下レールで凍ったものが序々に融け出して隙間から室内に水滴として流れ落ちる状態になっている。
するとその水滴の表面温度がさらに降下するので益々結露を助長させる要因となっている。
またLDで洗濯して干した際に発生した水蒸気は各部屋に均等に分散するので温度が低い北側の部屋では含むことができないため表面結露として現れてしまっている。

※建物内で結露が発生すると、最初の発生点を中心に広がっていく。
その理由とは・・・?
結露すると各材料が湿り、湿り気を帯びた材料は熱伝導率が上昇する。熱伝導率が大きくなると、熱の伝導が多くなり、室内側の温度が下がってしまう。
そのため露点温度がより低くなって、ますます結露の発生が増大する経過をたどる。

表面結露が発生すると、部屋の空気は結露が発生した所に接しているものだけが含んでいた水蒸気を一部が水に変えてしまったことになり、水蒸気圧が減少する。そのために、その部位と他の一般空気との間に水蒸気の流れが生じ、結露を生じた面には水蒸気の補給が続くことになる。ちなみに内部結露も同様で、一度内部結露が生じると、結露の発生層の水蒸気圧はその温度における飽和水蒸気圧で止められてしまい、それ以上の水蒸気は水になるから、水蒸気の流れは室内外の水蒸気圧分布と異なり、結露発生層の飽和水蒸気圧との差で流入してくるので、透過水蒸気量が増大する。従って一度結露が発生すると、自然に増大してしまう。

・玄関のデーターによれば
玄関の場合は(玄関扉の上部に設置)のデーターによれば外気温が‐2℃の時の平均値温度は13℃、相対湿度は85%となっている。温度のMaxで18℃相対湿度のMaxは99%あってMinの温度は10℃、相対湿度は64%となっている。

●このことから判断できることはMin時に10℃(64%)では露点温度は4℃になっているが結露計算の結果、玄関扉のスチール枠の表面温度は1.61℃になっており結露が当然発生する計算になる。

さらにスチール枠の中には断熱材が入っていないため外気の温度が降下することに比例して室内側のスチール枠も当然降下するので結露をさらに助長させる要因にもなっている。また北側の部屋と同じくLDで洗濯等で発生した水蒸気が分散されて玄関扉のスチール枠で露点温度に達した時に結露となって現われていることがわかる。
これも北側の部屋と同様一度結露が発生するとその水滴の表面温度がさらに降下するので益々結露を助長させてしまっている。

■換気(排気量)から要因を考える

dc011304ann  .jpg
国際規格認証(ISO9001・COSHH基準対応)換気風量測定器AF-2で測定
●換気排出量は  
LD(レンジフード) 50m3/hユニットバス、14m3/h 、トイレ 14m3/h
合計78m3/hである。
調査した部屋の床面積は44.12m²、天井高は2.4mだから容積は105.88m³となっているが常時換気がされていない状態であるので部屋の換気は気密性の高いRCマンションであれば0に近い換気回数となってしまっている。
ユニットバスとトイレを常時換気としても28m³しかないので1時間に0.26回しか換気されないことになる。
最低0.35回~0.5回の換気回数であれば室内の水蒸気を排出できて室内の空気をクリーンにできる。
常時台所とユニットバスとトイレの換気扇を回すのであれば0.7回/hであるので熱ロスにはなるけれど結露防止にはかなり有効だと考える。
しかしこれは生活スタイルから考えて現実的ではない。

■表面温度から考える

これから判断できることは各部位が結露の発生する危険性があるかどうか確認できることである。

●以下は12/13PM5:00に測定した時の表面温度から露点温度を示したもの
玄関(露点温度10℃)北側和室6(露点温度9℃)LD(露点温度10℃)
このことから玄関、北側和室6.LDは
現在より外気温が降下することによって露点温度に達して結露が発生することが予測される。
dc011301ann  .jpg

■結露発生の防止を考える。

1・よどんだ空気を作らない
部屋の中では、よどみ空気ができやすい。空気がよどむと表面結露は寄り発生しやすくなる。空気がよどんで動かないと、室内空気から壁表面への熱の伝わりが少なくなり、表面温度が下がってしまう。表面結露が部屋の隅やタンスの裏側で発生しやすいのはこの影響があるのであって、表面結露を防止するためにはよどみの空気を作らないようにする必要がある。またカビの発生も空気のよどんだ場所に集中しやすい。これは空気のよどんでいる所は水分の蒸発が少なく、いつまでも結露水で湿っているためカビが発育しやすい状況にあるからである。
そのためには各部屋によどみがない換気計画が必要である。

2・結露は最初に部屋の隅で発生する
部屋の各部の表面温度は、位置によって少し異なったものになる。
一般的に室内の対流によって天井面は床面より高い。窓ガラスは最も低いから表面結露は最初にここで発生する。しかし部屋の隅の場合は空気のよどみができるため室内の空気からの熱の伝わりが悪くなり、同時に室内各表面からの輻射による熱の伝達も少なくなる。
さらに隅部は平面と立体的熱流となるため拡散される熱量は大きくなるので他の表面温度より低くなる傾向にある。
そのため隅部での表面温度は他より3℃前後低くなってしまう。部屋数が多く小さい部屋ほど暖房が十分行きわたらない時は暖房室より離れた部屋ほど温度が低く結露しやすくなる。
■そのためには暖房機の設置が必要である。

3・表面結露は低温室で発生しやすい
一般に室内外の温度差が大きいと結露しやすいと思われ、断熱付加工事をする計画をされることが多いが、それよりも部屋の温度が低くて相対湿度が高いことによる影響の方が大きい。
絶対湿度が同じ場合には室温が高いほど相対湿度が低くなり、同時に室内の表面温度も高くなるため結露は発生しにくい。これを間違えて室温を低くすると外気との温度差がすくなくなるので結露がしなくなると考え、わざわざ低い室温で生活する人がいるがこれは間違いである。
今回調査した12/13のLDの場合は温度19℃相対湿度65%という空気は9g/1m3の水蒸気を保有しているが、この空気が10℃になると95%という露点温度に達する非常に湿った空気になってしまう。
■そのためには暖房機の使用が必要である。

4・夜間、暖房が止まってから結露する
暖房されている部屋では表面結露はほとんど発生しないと考えてよい。住宅の場合は日中炊事やその他の水蒸気の発生が加わるので平均20~25℃で60%くらいの状態になっているものが夜間になると温度だけが降下して、低温で高い相対湿度を示すようになり結露がしやすくなる。
間欠暖房で夜は暖房を止める生活をする場合は、暖房を止める就寝時には室内の水蒸気をできるだけ外気に排出しておく必要がある。
室温が降下した場合それに応じて室内の水蒸気も減少しなければ結露防止することは難しい。
24時間換気によって水蒸気を排出されるとか、就寝前に数分間窓を開けて外気を取り入れる工夫が必要である。
■強制的に(第三種)24時間換気システムを設置する。

5・冬の空気を取り入れる。
冬の空気は湿った空気(相対湿度の高い空気)であっても水蒸気の量は少ない。絶対湿度でいうと、北海道では2g/m³前後、本州では4g/m³前後であこの空気を部屋の中に取り入れて暖めると非常に乾いた空気となる。
例えば3g/m³の空気を10℃に暖めれば32%の相対湿度の空気になり、20℃に暖めれば17%の空気になる。したがって冬の外気を積極的に取り入れて、室内の空気に混入すれば結露防止に非常に効果がある。
■LD,南側和室、北側和室に吸気口を設置して外気を取り入れる。


6・水蒸気は建物内に分散される
建物の何処かで水蒸気が発生すると、外に向うだけでなく、建物の内部に拡散される。炊事、風呂、人体から発する水蒸気は非暖房室に向って拡散されていく。水蒸気は10万分の4mmと極微小粒子であるから、部屋を閉め切っていても扉の隙間や壁材料の透湿によって他の部屋に流れてしまう。
RC造りの場合は材料の透湿抵抗が非常に大きく、外気に水蒸気を透過放出しないので建物内で平均化する。したがってできるだけ水蒸気の発生源場所で排気することが結露防止に非常に大切である。
■LD,ユニットバス、トイレ、玄関に排気口を設け24時間換気をする。

7・非暖房室(北側和室6帖)の結露を防ぐ
暖房の影響がないと部屋の温度は外気と同じになると思われやすいが、暖房がなくても決して外気と同じ温度にはならない。その部屋の断熱性や熱容量に応じて独自の変動をする。したがってRC造りの場合は部屋の最低温度は外気の最低温度と同じになるのではなくてその日の外気の平均温度より1~2℃下回ったより降下はしない。一般に暖房室は温度が低いのに10℃前後で85%以上になっていることが多い。したがって断熱材を付加することと、合わせて換気口を設けて外気を流入させて室内湿度の軽減を図ることが重要となる。
北側に穴を開けると、気流は北風の影響を受けて。南方向に流れるので大きい換気量が得られる。
■暖房機の使用と級気口を設置する。

8・押入れの結露を防ぐ
押入れは非暖房室の中でも最も悪いところである。容積が小さく外壁に接しているので外気の温度変動にすぐ反応して温度降下早い。本物件は外壁に接せず隣室に当たるが居住者がいないため外気より3℃くらい低い温度で推移していると思われる。したがって現状の押入れも結露の発生が見受けられる。
これだけでも結露しやすいのに衣類、布団等が収納されるためその断熱効果が大きく作用して隣室の壁の温度は外気にますます近づいてしまう。
その上押入れの収納されたものに空気の循環を妨げられるため温度は上昇しないこととなってしまう。これに対してLD,ユニットバス、トイレの水蒸気は押入れの隙間を通って流入して押し入れないに拡散される。
そのため他室より壁面の温度が低くなり、水蒸気量は多いという形になって結露が最も発生しやすくなる。
改善策としては襖の上下にスリットを作り壁と床面スノコを敷いて空気の流入を促進させる工夫が必要である。
■スノコの設置と襖を開けるかスリットを設ける。

9・玄関の結露は扉(扉枠)に集中する
RC造りの玄関扉枠のほとんどが断熱されていないものが使用されている。
扉本体は最近では断熱性の高いものが作られるようになったが枠自体は折り曲げ加工されモルタルを詰めた状態で施工される。
そのため外気に大きく左右されるので温度が低い玄関内ではすぐ結露として現われ水滴となってしまう。
■扉本体枠とも木製扉にするのが望ましいが防火の関係で金属製にする場合は中空層に十分な断熱材を入れることが望ましい。
また外部側に木枠でカバーを考えてもよい。
ただ完全には結露を防止することは難しい。。

10・二重サッシでの結露を防止する
窓のガラスを単板で作ると、室内側の表面温度は他の部位の比較して極端に温度が低くなる。例えば断熱材を入れないRC壁と比較しても低くなる。
室温が20℃で外気が0℃とした場合内側のガラスの表面温度を求めてみると、7.01℃であるのに対してRC内壁は11.3℃となる。このため室内空気の相対湿度が43%になるとガラス面には結露が生じる。これに対してRC内壁面は57%にならないと結露が生じない。もし、RCの壁面に25mm程度の断熱材(熱伝導率0.03Kcal/mh℃)を付加するとその表面温度は17.8℃になるので87%が露点温度となる。このように単版のガラスは室内側の表面温度が低すぎて、最も早く結露が生じる。ガラスは熱伝導率が大きいので5mmであろうと10mmであろうと、厚みで結露の発生が変化することはない。
さらにガラスの表面温度が低いと、それに触れている空気が冷却されて密度が大きくなり、下降気流が促進されると同時にガラスに触れている空気温度が他の空気より低くなる。そのため当然ながらガラスの表面温度がより低くなり結露が促進されることになる。
アルミ枠部分はガラスと同じく極端に温度が低くなる。アルミは木材の120倍の熱を通す材料であるから、強い冷熱橋を作ってしまう。ガラスも結露に対してはペアガラスが有利である。
ペアガラス内の密閉空気層の熱抵抗で、室内側の表面温度は前記の条件では、12.9℃となり、単板ガラスの時は7.01℃であるから、かなり温度を上昇させることができる。そのため相対湿度が64%になるまで結露は生じない。
二重サッシの場合もガラスの室内側の表面温度は、ガラスどうしの間に生じる空気層で断熱されて上昇する。その温度はペアガラスの場合と大差ないのであるが、注意しなければならないのは、密閉空気層でないことである。そのため室内空気からの漏気があり、水蒸気が外窓と内窓との間に浸入し、外窓のガラス面で結露してしまうことになる。基本的な理屈を考えると、外の窓の透湿抵抗が内窓より大きいということが問違いなのであり、理論だけでいうと、内窓の透湿抵抗のほうが大きくなくてはならないのである。しかし実際には風雨に対抗するために外窓ほうがはるかに密閉性能が強固につくられる。二重窓の場合は外窓と内窓の間に生じる結露は解消することができないと考えなければならない。したがって、今回の調査物件についていえば、内側のサッシはプラスチックで熱伝導率が小さいため結露防止には適しているが、気密性の高い内窓でなければ室内で発生した水蒸気が隙間から外窓と内窓の中空層に流入して、外窓及びアルミサッシ枠で露点温度に達し結露の発生となる。
■1・プラスチック枠と木枠との間をシーリングして隙間をなくする。
2・障子に最低気密性が保てる工夫をして障子と障子の隙間をなくする。
3・室内側のガラスを単板からペアガラスに交換する。
ただし、居住者が内窓を開けたとき室内側の相対湿度が高かった場合はその水蒸気が中空層に閉じ込められることになり、いずれ露点温度に達し外窓は結露に悩まされることになる。

11・メータBOX周りの問題点
本来メーターBOX扉は単版の鋼板で作られているため居室と同等の環境に扱わないでパイプシャフトに設置して外部側として考えるのが一般的であるが今回の物件は居室側の扉として扱っているため断熱性が低い扉は内部側で表面結露を発生させている。扉自体が玄関扉の枠材と同様な環境に置かれているため結露を助長させている。
■メーターBOXは外部と考えて北側トイレの片面の壁、天井を断熱強化する必要がある。

****「まとめ」****
■結露対策のための施工■
1・玄関のスチール枠には断熱補強でウレタンを注入する。
2・玄関のポストは気密が低いので気密処理を施する。
3・全ての窓の内部側はペアガラスに交換する。
4・全ての窓の内部側の周囲は気密を高めるためにシーリング処理をする。
5・北側の部屋には暖房機を新たに設置する。
6・メーターBOXは外部とみなし断熱区画をする。(非暖房室)
7・常時24時間換気システムを新たに設置する。
その際既存のユニットバス、トイレの局所換気扇は撤去として排気口はユニットバス、トイレ、台所のレンジフードの側、玄関の天井に設置して0.5回/hになるように設定する。
また外気取り入れ口(吸気口)を南側、北側、LDの3箇所にに設置する。
玄関は計画では玄関の脇に電気パネルヒーターの予定であったがコストの関係から邪道であったが天井に設置する。

●結果→結露は解消!
ただ洗濯物を室内で干した場合は北側の窓ガラスの下部に少し発生する程度に改善された。
また玄関の下ステンレスの下枠もモルタルが注入されているためウレタン注入ができず少し結露が出る。
住人からは「贅沢なクレームなのですが」・・・といわれた内容は
1・換気の排気口からの音が気になる。
2・換気システムの電気代が月800円前後かかる。
3・少し乾燥気味のようである。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 02:40 | コメント (2) | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月12日

・マンションの結露対策(2)は可能?

マンションも一般住宅も
熱の移動については人間の目には見えないものでも
熱カメラで撮影してみることによってよく見えてきます。

高断熱高気密で施工されているといわれる住宅でも
下の写真のように性能の良し悪しを正直に知らせてくれます。

熱カメラ.jpg

●写真1:冬の夜外部から熱カメラで撮影
黄色と赤い部分は室内からの熱が外部に放熱されている風景
この住宅は比較的に高断熱高気密住宅といわれているが・・・?
屋根周りの漏れがひどいことが目でわかる。
床部分も床暖房であるが外部に暖かい熱が非常に多く放熱されていることがわかる映像

●マンションの結露対策(改善)の前に少し結露は何故起こるのかを考えてみましょう?

寒い朝、電車に乗り込んだ時メガネが曇ったという現象があります。
実はこれも結露の一例でなのです。
では、気温や電車の空調、混雑の仕方によって曇り具合いが変化するのは何故なんでしょうか?
また結露はどうやって発生するのでしょうか?

その原理を考えてみると、空気中に含まれる最大水蒸気量は温度が高いほど多くなり、温度が低いほど少なくなるのです。

ある温度の空気中に含まれる最大水蒸気量に対して。その時点での実際の水蒸気量の割合を表したものを相対湿度といいます。

従って水蒸気量が一定で温度が変化すれば温度も変化するのです。

例えば
温度が20℃で相対湿度が60%の状態から温度が15℃に変化すると相対湿度は82%に上昇するのです。

さらに温度が下がって相対湿度が100%を超えると空気中の水蒸気は水滴に姿を変えてしまいます。
この時の温度を露点温度といい、この水滴が結露の正体というわけです。
先程のメガネの例で考えてみると、電車の暖かい空気が露点より冷たい温度のレンズに触れた時に曇り始めます。また空調や混雑の仕方によって水蒸気の量が変化すると露点も変わるので同じレンズでも結露したり、しなかったりするのです。

住宅(マンション)の結露の仕組みは同じで部屋の空気が露点よりも冷たい窓ガラスに触れるとガラス面に結露が発生します。
また部屋の水蒸気量が変化することで露点も当然変化するので、ガラス面の温度が同じであっても結露したり、しなかったりするのです。

もちろん水蒸気量の多いほど露点が高くなり、結露しやすくなってしまうのです。


熱カメラ3.jpg 熱カメラ1.jpg

写真2・3:部屋の入隅(コーナー)を熱カメラで撮影
左の写真はリフォーム後の目視した時の状態であるが熱カメラで見ると右の写真のように天井と壁、壁と壁のコーナーはグリーン色に写っている。
明らかに内部結露が発生していること教えてくれる映像である。

●結露対策には基本的に4つの原則があります。
1・湿気を出さない。
入浴、調理、洗濯を干すなど生活する上で湿気が出てしまうが結露を起こさないためにはできるだけ出さない工夫が必要です。

2・換気の促進
室内で発生した湿気も、すぐに外部に排出すると結露は発生しません。
窓や換気扇を有効に使うことが必要です。

3・空気の流通をよくする。
部屋のコーナは空気がよどみ、暖房しても温度は低く相対湿度は高くなりがちです。
こんな場所にタンスなど置くと空気の流通が悪くなり、低温、低湿度になり」結露が発生しやすくなります。
そのためにはタンスなどは壁から少し離して置く工夫が必要です。

4・室温を全室適温に保つ
冷たいビールなどを入れたコップに水滴がつくことでもわかるように冷えた場所では結露しやすくなります。
室内では冷たい場所を作らないようにすることが必要です。

明日はこの4つの原則に沿って
マンションの結露対策を考えてみたいと思います。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 02:24 | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月10日

・ヤチボリ採りの想い出!

山さんの「ヤチボリ」の収穫状況をイラスト風にしてみました。

sawabori .jpg

「ヤチヒロヒダタケ」という「ナラタケ」の仲間です。
岩手の方言でヤチボリといわれ
比較的誰にでも採りやすく大量に収穫が期待できる「きのこ」

その「ヤチボリ」のおさらいです。


●ナラタケとの違いは?

●傘は4~6cm前後で「ナラタケ」より白っぽく、傘の中央に黒っぽいささくれがあり、茎は中空で折れやすい特徴があります。
沢山採れて籠などに入れると、下に入ったものは傘と茎が折れて分かれてしまうため、
見た目は(バラバラになり)よくない。
でも・・・味は「ナラタケ」よりダシが出て抜群においしい「きのこ」で知られています。
日持ちが悪いため「きのこ市場」では販売されない種類です。
・・・・・が地元では一般的な「きのこ」なのです。

●多くは湿地の林内のミズゴケの中や沢のコケが生えている枯れ木に多く発生。

●「ハタケシメジ」を採るような牧草地でも、そこに沢があればその周囲に多く発生します。

ナラタケが採れる10日前後早く発生するのが特徴です。
●その採取状況は続きをクリックして下さい。
     

natmヤチボリ.gif


ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 01:40 | コメント (1) | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月09日

・ハタケシメジの想い出2!

今日の「ハタケシメジ」採り2の主人公は山さんです。

牧場の周辺の盛土を中心に開墾してて伐採された所と自然林のままの境界付近をくまなく探します。
写真は牧場で見かけた牛さん達です。
側を歩くと塩を欲しがって?(らしい・・)人間に近寄ってきます。
襲いはしないのですが近寄ってくると咄嗟的に逃げる体制をとってしまいます。
できるだけ近寄らないで牧場の中を歩いて目的のポイントを探すのです。


dc0102104.jpg


●「探すポイント」のおさらいです。

(1)牧草の斜面が比較的西向きであること。
これは絶対に西向きでなければならないという意味ではないのですが、
西向きは東、南と違って、牧草の夜露、あるいは当日以前に雨が降った時
牧草を通して、地面に水が浸透し午後からゆっくりと陽を注ぐ「西日」が
「ハタケシメジ」の発生、成長を促す条件にぴったり当てはまるのです。
(西向きについては「きのこ」は全般に言えることですが)

(2)牧草地で雨が降った時その雨水が寄り集まる場所を探す。
川と同じことですが山と山との間の谷間に水は流れます。
それと同じく牧草地の中の低い部分(雨水が寄り集まるところ)
その周囲、特に最終的に雨水が溜まりそうな所に「ハタケシメジ」は発生しやすいのです。

●そんなイメージの採取風景写真です●

           ↓

natm3.gif


ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 02:50 | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月07日

・きのこ採りの想い出(ハタケシメジ1)

今年の「きのこ採り」での想い出を
スライドショウにしてみました。

不作の年といわれた2005年でしたが今年はどうでしょうか?
雪が多い時には豊作になるともいわれます。
そんな豊作を夢見て想い出を振り返ってみましょう。
今日は「ハタケシメジの採取風景(1)」です


dc090542.JPG

●岩手の「ハタケシメジは」これです。・・・と甥の俊佑

スライドショウは続きをクリックして下さい。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 04:00 | コメント (7) | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月06日

・はかない冬の風物!

natm新.gif

●縁起がよい樹霜と冬の朝(撮影:竹田真)
よく見ると右の樹霜は干支の犬の顔に見える傑作品

●霜は、冷やされて飽和寸前になった空気の中の水蒸気が、氷結点以下になっている物体に触れと昇華凝固し凍結します。樹木に着いたものを樹霜、窓面に着いたものを窓霜と呼び、霜の形は樹枝状、針状、柱状、無定形など様々な形が見られます。
気温の上昇や日照、あるいは風を受けると消えてしまう一時のはかない冬の風物詞です。
一方
似たものに霜柱がありますが霜とはでき方もかなり違います。
地面から出てくるる霜柱は透明な氷の柱で柱の頭に土を乗せているのが特徴です。
霜柱は地中の水が凍ってそれが生長するのが特徴です。
夜間地表面が冷やされると温度勾配によって地中の水分が地表面に向かって移動します。
この水分が氷点下の地表面にあたって凍り、その繰り返しで成長したものが柱状(霜柱)になるのです。

●朝早く出かけないと見かけることができない光景です。
竹田さんご苦労さんでした。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 01:43 | コメント (5) | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月05日

・タバコの煙で住宅の性能がわかる!

隙間の大きさで住宅の性能を知るに続いて
タバコの煙で住宅の性能がわかる方法です。

タバコにこだわりません煙が出ればいいのであって線香でもOKです

正確に知る方法は換気風量測定器で計る方法がベストですが煙の流れを見て簡易に性能の良し悪しを見分けることができる方法です。
ただし、この方法は給排気口がついた24時間換気システムに有効です。

従来の住宅は換気扇はトイレ、風呂、台所につく局所換気扇というもので使用する時はスイッチONにして使用しない時はOFFにするという使用者の意思によって使うものでした。
また新鮮な空気を取り入れる吸気口がありません。
何処にあるかわからない隙間からの給気(外部から吸気する所)を期待するアバウトな換気方法でした。

最近の住宅は何処から給気して何処に排気するのかを明確するように24時間常時換気が義務付けられました。

換気風量測定.jpg

●写真は排気量を換気風量測定器で測定している風景

しかし24時間換気が設置された住宅であっても性能が良い住宅とはいえない場合があります。
換気の風量測定する場合は一般的には排気口に測定器を当てて(写真のように)排気量を測定します。

住宅の換気容積が300m³ある場合数箇所の排気口を測定してその合計が150m³あれば1時間に半分の空気が入れ替わることがわかります。
しかしこの測定方法では換気のモーターの能力を調べるためだけであって気密性能が低い住宅でも同じ換気量が測定されてしまいます。
それではどうすれば簡単に気密性能がわかるのか?
それは排気口だけでなく給気口も測定しなくてはならないということなのです。

気密性能が低い住宅の場合は排気口の付近の隙間が給気口となってしまい、あらかじめ設置された給気口からは殆んど取り入れることができません。
何故かというと
例えばストローの先が給気口で口元が排気口とした場合、吸った分100%の空気が給排気されるのですが、若しストローに針の穴が開いていた場合は針の穴からも給気されるのでストローの先からの給気は当然少なくなってしまいます。

単純にこんな理由で気密性を高めると給気が十分なされることがわかります。
前回
「隙間の大きさで住宅性能を知る」
で説明いたしましたが気密の低い住宅の場合は1Fの隙間から給気されて2Fの隙間から外に排気されてしまいます。
そこで計画換気システムの給気口にタバコ等の煙でその給気口に煙をかざして試してみます。

気密性のガ高い住宅の場合は1F~2Fの給気口に煙をかざすと奇麗に室内側に流れてきます。
一方気密性能が低い住宅は特に2Fの給気口からは室外に出て行くか、流れてもよどんだ流れ方をしてしまいます。

住宅の性能を高めるためには気密測定試験をすることの他に換気の風量測定試験もする必要があります。しかし残念ながらどちらの試験も義務付けはされていません。
換気についての詳しい情報はこちらをご覧下さい
            ↓
   「アトム建築環境工学研究所」



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 02:50 | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月03日

・正月の門松

正月になると定番で「門松が」飾られます。
小さい頃から
必ず玄関の前に飾りつけする手伝いをさせられた想い出があります。

(最近は門松を飾る家が少なくなりましたが・・)

はて・・何のために飾るのでしょうか?

めでたい縁起物ではあるけれど理解している人少ないようです。

新年.jpg

そこで本家(親父の実家)に聞いてみました。
門松は神様に来てもらえる目印なんだそうです。
玄関に飾る松を依り代として「年神様」が降りて来ると考えられていて、その神様が家に来る目印の意味があって、本来は山に松を取りに行き、家で作るものでこれを「松迎え」といって12/13に行われるのが正しい作法。 

依り代:神霊が現れるときに宿ると考えられているもの。
樹木・岩石・御幣(ごへい)・動物など種類が多く、神霊に代わってまつられる。「国語辞典から引用

門松はこの事始めといわれる12/13~12/28の間と12/29は省いて12/30に飾ります。
12/29は「苦」に繋がることから飾るのを避けて、鏡餅は12/30について用意します。
12/31の大晦日に飾るのは「一夜飾り」といって年神様をお迎えするのに前日にあわただしく飾るのは大変失礼な作法という理由から避けたほうがよいとされているそうです。

我が家でも理解しないままに12/29も飾っていて年神様に大変失礼なことをしていました。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 23:01 | コメント (2) | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月02日

・隙間の大きさで住宅性能を知る!

「ツララ」み続き住宅の性能を知る方法です。

気密測定.jpg

新築住宅の気密測定をしている風景
写真の機械は住宅の隙間が床面積1m²当たり何㎝²あるかを調べる「気密測定器」です。

住宅の玄関、外部側の窓全部を閉鎖して、窓1箇所に強力な扇風機?を設置して室内の空気を外部に吐き出します。

その吐き出す空気量(漏気量といいます)を1時間当たり何m³吐き出しているかを20pa,30pa,40pa,50paの4点以上測定しある計算式で総隙間面積を求めます。

50pa(パスカル)というのは例えば測定する住宅を車に置き変えれば35km/時速~40km/時速の速度で走らせた場合に住宅にかかる風圧とやや同じです。

その時の10pa時の風圧で自然に漏気する1時間当たりの漏気量を日本では隙間相当面積はいくらで気密性能の良し悪しの判断にしています。
つまり意図的に住宅にかかる風圧(風)を作り隙間から漏気する量がいくらあるかを調べるために測定するのです。

ちなみに気密性能が高い住宅では50paの圧力がかかりますが低気密住宅だと隙間だらけのため圧力がかからず測定不可となり数値に表すことができません。

それでは気密化とは何か?何故気密化が必要なのか・・・といえば
           ↓

1・隙間をなくする。
気密化とは簡単にいうと隙間をなくすることです。
気密化は住宅の断熱材と密接な関係にあります。どれだけ多くの断熱材を入れても、気密が高くなければその効果は半減してしまいます。

2・壁体内気流は大敵である。
気密化は「壁体内気流」の防止という意味で非常に重要です。壁体内気流とは壁の中の空気の流れ(木造住宅では床下、壁の内部、小屋裏が空間的に繋がっています。小屋裏と床下には換気口を通じて空気が自由に出入りするので、壁体内にも簡単に外気が入ってきます。これが壁体内気流です。

断熱材は単独では特に繊維系断熱材の場合は、気流を通してしまいますので、外の冷たい、暖かい空気が壁体内に流れ込み断熱効果が発揮されなくなります。
また直接的には隙間風を防ぐ効果があり熱の損失も防ぐ効果があります。
ただし気密性を上げることにより隙間がなくなるため自然の換気(漏気)がなくなるため計画的な換気が必要となります。

最近の住宅は計画換気の義務化によりほぼ100%換気システムが設置されるようになりました。・・・が肝心の気密性能がいくらあるかを測定している施工会社は数少ない状況です。
若し読者の方で新築を考えている方があれば気密測定を条件とするべきです。

参考:気密性能はC値(単位隙間相当面積)で表し、[cm²/m²]住宅外周部位にある隙間の総面積を床面積で割った数値で実測で求めます。次世代省エネ基準では各地域によって数値が違いますが寒い地域のⅠ、Ⅱ地域ではC=2.0cm²/m²でその他の地域はC=5.0cm²/m²とされています。
私の考えではできれば全国一律1.0cm²/m²以下が必要と考えています。(その理由は後日)



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 01:46 | トラックバック

一番上へ戻る

2006年01月01日

・謹賀新年

gonnta.jpg



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 00:57 | コメント (4) | トラックバック

一番上へ戻る