« ・住まいの「優れものグッズ」 | メイン | ・すんばれる朝の風景 »

2005年12月13日

・温湿度計の様々

温湿度計には用途に応じて様々な種類があります。

一般的には住環境の温湿度の計測で利用されるのですが
使い方によっては
釣り、きの採りに利用できます。
写真4:のレーザー温度計は遠くからポイントに照射でき瞬時に温度が判ることから例えば渓流の水温が遠くから知ることできます。
(参考:渓流の温度が5℃から活性化し始めます。)
キノコであれば天候不順で外気温が安定しない場合に直接地面を計って発生温度を確認する。
時には土を少し掘って地中の温度も計ることができるのです。
(参考:一般的にキノコの発生温度は7度から20℃と言われる。)


内外温度計.jpg 露点温度計2.jpg
写真1:内外温度計
外気温と室内の温度を同時に測定できるものです。
外部の温度は建物から放出される輻射の誤差を防ぐためにセンサーは自由に設置できるようになっています。
建物の住環境を調査する上で必要な温度計です。
また長時間設定して最高と最低の温度を読み取る事ができます。
(写真では外気温-1.2℃室内温度21.5度を示しています。)

写真2:露点温度計
この温度計は温度と湿度の関係から露点温度を瞬時に測定できるものです。
結露麩発生の原因を解明するため欠かせない機器です。

長期温湿度記録計.jpg 表面温度計.jpg

写真3;長期温湿度記録計
1秒~60分間隔で最大3ヵ月も記録でき、回収後はパソコンでデーター表を作成することができるものです。生活スタイルでの結露の発生状況がよくわかる優れものです。

写真4:表面温度計
この機器は壁、天井、床等の表面部分の温度を測定器できるものです。
計測するポイントはレーザーによってレーザー光をあてた部分を計測します。
建物の断熱性能を知るためのには「熱カメラ」での解析が手っ取り早いのですがこの機器でも十分知る事ができる優れものです。

onndokei.jpg 家庭用温度計.jpg

写真5:家庭用の時計付温室度計
写真6:家庭用の温湿度計
これらの家庭用の場合は価格によって精度に誤差があることを納得して購入する必要があります。
温度は2℃前後高く、相対湿度5~10%がプラスされた数値で表示されるようです。

●現在これらの機器を設置して賃貸マンションの「結露対策」の調査中です。
その報告は少し後になります。
(結露は完全に防止できます。)

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年12月13日 21:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/205

このリストは、次のエントリーを参照しています: ・温湿度計の様々:

» モニョンゴロ村にて エクストラワークショップ from SOS 〔slow・organic・survival〕 by yoyo
色々とまだ習いたいことがあったので一日長くステイすることに。 午前中は漆喰(しっくい)を塗りました。 結構端の部分が難しいですね。塗り方は個性が出るみたいで... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月15日 00:28