« ・「報道ステーション」取材の裏方 | メイン | ・料理「ザウアークラウト」 »

2005年10月29日

・天然ナメコと秋の山菜

秋も終りに近づくと
天然ナメコ最盛期も終盤に向います。
深山のナメコ採りはマツタケ、マイタケについで
最も採取に難儀する「きのこ」です。


nameko.jpg

写真1:ブナの枯れ木の根元に発生していた天然ナメコ
ナメコが生えるブナの切り株、風倒木を探すのですが
深山のため、急斜面か笹藪が密集していて
その「ナメコ」も竹薮、小枝に覆われて見えません。

あるかどうかわからない所を目指して勘で進むのですから
竹薮や小枝が邪魔して思うように進まないのです。
(強いて目標物はと問われれば
台風などで折れたブナの木を目印にして
その下の折れたブナの木をを目指すのです。)

mameko3.jpg

写真2:八幡平樹海ラインから見た風景
今日はこの樹海ラインの下倉スキー場の周囲のブナ林を覗いて見ます。
ここはで6月ともなれば「ネマガリタケ」採りで
お祭り騒ぎになる場所です。
竹薮の中の「きのこ採り」ですから
余程物好きでない限りこの時期にこの地帯に入りません。
あるかどうかわからないため、入っても
道路から50m上下しか入らないのです。
そこで私達は
あらかじめ、タケノコ採りの最中にもブナの倒木、
切り株の場所を頭の中にインプットするのです。
(この時のインプットする方法は目印がないために必ず航空写真のように
山全体を空からみた感じで覚えるのがコツです。)

nameko 2.jpg nameko 8.jpg

写真3:竹薮の中の風倒木に発生したナメコ
終盤のナメコですから開きナメコになっています。
落ち葉と薄茶色とナメコの茶色が微妙なバランスで絵になっています。

写真4:ナラタケみたいな天然ナメコ
このナメコの傘はコブシ大の大きさで、気温が高かったせいで
ナメコ特有のヌメリが薄くなっています。
市販されている蕾のナメコの場合は小さいため、食べるというより
飲み込んでしまうためにナメコ本来の食感を味わうことができません。
むしろ傘開きの大きいものが天然の味を実感できるのです。


hukinotou.jpg フキノトウ1.jpg

写真5:秋の山菜「フキノトウ:バッケ」採り?
ナメコ採りに行く途中のこの道路脇で5人ほど腰籠に山菜鎌を持って
しゃがんで何かを採っていました。
この時期では「きのこ」ではないことが確かなので
聞いてみました。
「何、採っているんですか?」
「バッケ!」・・・・だそうです。
フキノトウは初春の山菜で知られていますが、
雪解け前に雪をかき分けて採る「フキノトウ」は
高値で売買されています。
その「フキノトウ」を雪降る前に採取して、
東京の料亭に出荷しているんだそうです。

写真6:フキノトウ:バッケを縦に割ったところ
記念に1個だけ頂いてきました。
バッケ味噌にすると美味しそうです。

このフキノトウが秋後半に採れるとは・・勉強不足でした。
こんな風景で採れた天然ナメコ入りの「きのこセット」を
福岡のE様、神奈川のS様、東京のI様、大阪のT様、石川のN様、
京都のS様、名古屋のS様、京都のW様にお届けいたしました。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年10月29日 14:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/177

このリストは、次のエントリーを参照しています: ・天然ナメコと秋の山菜:

» 森の仲間たち・・・ベニヒダタケという、きのこ。 from 絵日記・森は仄かに暮れなずみ
 ベニヒダタケ。 林床に転がる倒木や落ち枝に、はっと目を惹くような黄色いカサがあ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月31日 01:41

コメント

天然なめこ・・・・つるんとして可愛らしい(美味しそう~)ですね~。
目印を航空写真のように記憶するなど、私には全く以って不可能なこと。^^;道路から数メートル入った所でさえ迷子になります(笑)。
しかし、フキノトウが今の時期にも採れるなんて知りませんでした~(゚o゚)

投稿者 keikono2 : 2005年10月29日 18:27

keikono2 さんへ
正直言って私も知りませんでした。
今度意識して採ってみようと思います。
珍しいので写真の被写体にどうですか?

投稿者 昆寛 : 2005年10月30日 00:43

岩手は、かなり秋も深まったようですね、ナメコですか。谷筋の冷気がお写真から伝わってくるようです。
京都はカエデも青々、キノコはキツネノカラカサの仲間や、ツルタケの仲間・・・。夏がまだ残っているみたいな、中途半端な氣侯です。
なのに、風邪、ひきました~。ビールが、過ぎた!猫、抱いて、寝ます~。

投稿者 桜沢 せおり : 2005年10月30日 21:56

桜沢 せおりさんへ
岩手の里のキノコはエノキダケを覗いてほぼ終了です。
昨日河川沿いに「エノキダケ」を覗いてみました。
湿気の十分ある所は出始めていました。
今日の岩手は寒いので暖房をつけていますが、この寒さが続けばエノキダケも1週間で手頃な大きさになります。
・・・そんな季節となりました。
風邪ですか。・・・大変ですね。養生してください。
私は山川で運動しているせいか?
ここ10年は風邪をひいたことはありません。
「バカ」は・・・・・とか
これかも知れません。

投稿者 昆寛 : 2005年10月31日 10:20

これはすぎいですね。なめなめしてますね♪
こうしてみると迫力です。


ふきのとうって冬のものと思ってました。
私も知りませんでした。
ふきのとうも汁物の具にしたり、天婦羅にするとおいしいですね。

投稿者 あらかし女将 : 2005年10月31日 23:18

あらかし女将さんへ
私も知りませんでしたが
今度秋の「バッケ」採りも経験してみようと思っています。
天然ナメコは寒さが増すとヌメリが多くなります。
今年は昨年より
暖かくヌメリが少なく黄色っぽいナメコが多く採れました
ちなみ白樺のナメコはブナより黄色いナメコになります。

投稿者 昆寛 : 2005年11月01日 17:53

こんにちは。TBありがとうございました。
うわー、すごい。なめこって木に生えているときからつやつや感があるんですね。
あー、食べてみたいです。

投稿者 らんこ : 2005年11月02日 15:38