« ・毒キノコを食べた(悲しいお知らせ!) | メイン | ・さよならパーティーの出来事 »

2005年10月15日

・ようやく出始めた「きのこ達」

今年の夏きのこ「ハタケシメジ、アミタケ」は
昨年に比べて過去に例がないほぼ収穫なしの状態でした。
秋きのこは平均10日遅れでようやく出始めました。
まだ少し夜の気温が高いのが気になりますが
きのこマニアにとってはホットする月になりそうです。

10/15ナラタケの発生状況を確認に
紅葉がいっぱいの山々を見ながらナラタケ探しです。

2005ナラタケの発生.jpg

写真1:ナラタケの発生風景
深山の林道(縁のコケの上)に奇麗な「ナラタケ」がありました。
写真を拡大しているため、大きく見えますが小指程度大きさです。

2005ナメコの出る山.jpg naratake.jpg


写真2:目的の場所を双眼鏡で見る
向こうの山がナラタケが多く発生する場所です。
林道の奥深くに雑木が伐採されいて「ナラタケ」が出始めているのですが
台風で林道が崩れたりして、
軽クラスの四駆自動車でなければ目的の場所までは行けません。
なんと車を置いて1時間の歩きです。・・・・・が
美しい紅葉を見ながらの歩きと、
「ナラタケ」がてんこ盛りに生えているだろう状況を
想像して歩くとそんなに疲れないものです。

写真3:想像した「ナラタケ」がてんこ盛り!
切り株周囲にグルリとてんこ盛りの「ナラタケ」でしたが
大きい物で小指程度、後はマッチ棒の大きさです。
採るにはまだ早く可哀想です。(もう少し待ちましょう!)
雨が降り、寒暖の差が十分あれば3~5日で手頃の大きさになります。

2005ナラタケ採取風景.jpg 2005ブナハリタケ.jpg

写真4:ナラタケとニガクリタケが混在している風景
全部が「ナラタケ」ではありません。
黄色っぽいのが有名な食毒の「ニガクリタケ」です。
ナラタケは少し茶色がかっています。
ただ小指程度のナラタケはまだ陽を浴びるのが浅いため
市販されている「エノキダケ」のように細く、白~黄色に近く
「ニガクリタケ」と間違う場合があり注意しなければなりません。

写真5:食毒「ツキヨダケ」と食「ブナハリタケ」の混在風景
上部がツキヨダケで下部の白いのがブナハリタケ
1箇所で籠が満杯になることがある。
ブナハリタケは油炒め、煮物によく合う食材。

2005天然ナメコ.jpg2005ナメコ.jpg

写真6:今年初の「ナメコ」
ナラタケの採取で偶然見つけた天然ナメコ
ブナの切り株にこんな感じに生えていましたが、
多くは風倒木に生えるのが一般的です。
これも小指程度の大きさで3~5日で手頃な大きさに成長します。

写真7:風倒木にに生えている「ナメコ」
上部の茶色のきのこはお馴染みの「食毒「ツキヨダケ」

2005ブナシメジ.jpg 2005クリタケ.jpg

写真8:これは「ブナシメジ」
傘の表面が白かクリーム色で中央部に暗色の紋様があるのが特徴。
(稀に紋様がないものもある)・・・深山だけに発生するきのこ。

写真9:これは「クリタケ」
これも小指程度の大きさであった。
初心者がよく「ニガクリタケ」と混同するきのこ
主に杉の切り株に」発生する。
杉に発生する「きのこ」にはこのほかニュースになった
「スギヒラタケ」があるが色、形が全然違う。

●これからが「きのこ」本番というレポートでした。
ナラタケ、ナメコ、ブナハリタケセットは
東京のO様、石川県のI様、神奈川のK様にお送りいたしました。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年10月15日 17:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/168

コメント

 今日は岡山でいろいろと・・・。疲れたー。
キノコはゼロ!
 そちら様はきっと、ホクホク・・・?
 また明日から、頑張ります!

投稿者 桜沢 せおり : 2005年10月17日 01:12

桜沢 せおりさんへ
今日東京の女性の方からTELをいただきました。
八ヶ岳にキノコ狩りツァーに参加で収穫がないので、NETであちこち注文したそうです。
(自分はきのこ大好き人間だといっていました。)
しかし、不作のためキャンセルとなったそうで・・・・
それで私の所にわざわざTELで問い合わせがありました。
岩手だけでなく全国的に不作のようですね。
前半は例年の半分位の収穫で明日から挽回を願うだけです。

投稿者 昆寛 : 2005年10月17日 02:50