« ・ホンシメジ採りはこんなだった! | メイン | ・きのこ狩りでリックサック満杯? »

2005年10月09日

・市場にめったに出ないマツタケ!

今年は岩手の沿岸方面の「マツタケ」は
大豊作とTVニュースになりました。
そういう訳で八幡平の「マツタケ」も豊作間違いなしと思い、
別な「きのこ」に夢中になり、
いつでも採れると思いゆっくりしてしまいました。

ところがマツタケ採り専門の仲間の情報によると、
「豊作?」・・「そんなごとねぇぞ!」
「早ぐ採りさ行がねばなぐなるぞ!」
と脅かされてしまい・・急遽「マツタケ採りに出発したのです。

ツガ松茸.jpg

写真1:八幡平のある源流沿いの紅葉はこんな感じ
八幡平の頂上付近(源流沿い)は紅葉真っ盛りでした。
中腹付近はまだ中途半端な紅葉です。
マツタケ採りは比較的に高い位置のツガを目指しますので
写真のような紅葉を見ながら「マツタケ探し」ができます。
さて
競争率の高い「ツガマツタケ」は採れるんでしょうか?
採れる確率は10%もない気がします。
相棒は「俺の畑だから大丈夫だ」と言ってくれますが
不安がいっぱい期待が少し・・・と入り混じっています。

ツガ松茸6.jpg

写真2:マツタケ採りの出発点です。
平日であっても、車を置くスペースが少ないため
マツタケ採りの駐車でお祭りになるのですが、
不思議にも一台も止まっていません。
「ラッキだな~」そう二人で言ってしまいました。
なんか大収穫の予感がしてきました。
ここから30分程上へ上へとあるポイントを目指すのです。
相棒「やっぱりあろぞ~」と興奮気味の声を発しています。
例のごとくカメラマンの私は枝が身体にぶつかるのもなんのその
急いで相棒のいる場所に向います。

ツガ松茸5.jpg ツガ松茸4.jpg

写真3:待望の「ツガマツタケ」を発見!
ツガの根元から50cmくらい離れた所に傘が15cm位が1個
蕾状態が1個並んで生えています。

写真4:マツタケの周囲の枯れ木、葉を取り除く
マツタケは環境に敏感な「きのこ」できのこの王様の名にふさわしい。
30~40年以上のツガの木があって、岩場で表土が浅く、
風通しがよく、傾斜があって、日当たりがいい所、そんな場所を好む。
茎が地中深く埋まっているため
硬い地盤を丁寧に掘って採るようにする。

ツガ松茸2.jpg 松茸梱包.jpg

写真5:大きい傘の「ツガマツタケ」を採った風景
土瓶蒸しにしたら何人分できるか見当がつかないそんな大きさです。
蕾の方が高く売買されるが、食べれば味は同じ、
むしろ大きい方は匂いが抜群である。

写真6:マツタケ2本で300g
市場になかなか出ない理由は、数が少ないことと、
高級料理店でまとめて買い上げてしまうこと、
販売価格が高いことが理由だと言われる。

神奈川のS様にお送りいたしました。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年10月09日 23:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/164

このリストは、次のエントリーを参照しています: ・市場にめったに出ないマツタケ!:

» 秋の味覚 松茸と海老の天婦羅 from 今夜はチーフにおまかせ!
松茸と海老の天婦羅   香り松茸・・・というように香りがよく天婦羅にすると一番松茸の味と香りが楽しめます。     ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月10日 01:04

コメント

うわあぁ天然の松茸ですね。
香りもいいでしょうね。
松茸いいな。
国産はいいお値段になるんでしょうね。

投稿者 あらかし女将 : 2005年10月10日 01:02

TB,コメントありがとうございます。
そうですね。
国産の中では岩手のマツタケは産地により3段階に価格が違います。写真の「ツガマツタケ」は最上級で8.500円/100g以上で販売されています。おそらく東京での販売は・・・・・円になるでしょう。高いだけあって採取はしますが収穫量が少ないため自分の口にはなかなか入らないものです。

投稿者 昆寛 : 2005年10月10日 01:50

こんにちは!TBいただいてありがとうございました。
いいですね、マツタケ狩り。私も一度だけ親戚の山で経験あります。素人には全然わからないのに、採り慣れている人はすぐ見つけちゃうんですよね。
あー、うらやましい。これからも楽しいTB楽しみにしています。

投稿者 らんこ : 2005年10月10日 09:24

 すごい!ツガマツだ~!
京都は(かつて)丹波マツタケがごろごろとれたそうですが、
今は産地も北へ移り、高価なことこの上なし。
ましてツガマツなど、見ることもできませんね。
 東北の自然は、まだまだ豊かですね!

投稿者 桜沢 せおり : 2005年10月10日 13:59

らんこさんへ
きのこ採りになると突然に「きのこ眼」になりますが、その分周囲が見えなくなり、クモの巣、とか小枝が顔にあたったりします。この間なんか1mずれたため助かりましたが、スズメバチの巣に当たるところでした。
それでも懲りずに行く訳ですから・・きのこバカでしょうね。

投稿者 昆寛 : 2005年10月11日 00:39

桜沢 せおりさんへ
岩手でも昔は一日に100本採る時代はあったのです。
けれども今は一日歩いてボウズは当たり前になっています。
この日は本当にラッキーでした。
全国から見れば東北の自然は豊かだと思いますが年々自然が失われている気がします。
森林再生は大事なこと考えさせられます。

投稿者 昆寛 : 2005年10月11日 00:45

今年は雨が多かったせいか、那須であまり見られなかった「たまごタケ」が異常発生しました。岩手でも平年より異常に発生したものはありませんか?。
ランキングに投稿しましたが、「アミタケ」を食するのが好きで、特に雨上がりのとき採れる若い小ぶりのヌルヌル感が何ともいえずたまりません。写真を拝見するとカラマツ林もあるようですが、「ハナイグチ」はとれませんか?。

投稿者 佐藤 忠夫 : 2005年10月16日 14:50

佐藤 忠夫 さんへ
ランキング投稿ありがとうございました。
励みになりますので今後ともよろしくお願いいたします。
ところで、異常に発生したか?の件ですが
岩手では全般的に異常に(出るべき時に出ない)時期相応に順序よく出なかったです。ハツタケ、アミタケは悲惨です。
昨年より多く採れたものは「コウタケ」でしたが同時期に出る「サクラシメジ」は少ないアンバランスな発生の仕方」です。10/15現在の岩手はブログにも投稿いたしましたがナラタケが出始め、今週には最盛期という状況です。
ハナイグチは私も含めて岩手の人はあまり採らないようです。
カラマツ林の「きのこ」を採るとすれば、私は11月には「エセオリミキ」と「キヌメリガサ」を採るようにしています。
この頃は殆どの人はカラマツ林での「きのこ採り」はいませんので貸し切りとなります。

投稿者 昆寛 : 2005年10月16日 18:21