« ・マイタケ採りでエノキダケ? | メイン | ・今年初のマイタケ! »

2005年09月23日

・体重を1/10に変身させて食べる

変身させて食べる「きのこ」
それはコウタケ(香茸)というイボタケ科の「きのこ」なのです。

コウタケ特有の香気は生の場合はほとんど匂いはなく
1週間ほど天日に干すと乾燥し香気を発してくる。
更に乾燥過多になると大事な香気が薄れてしまう。

きのこマニアにとっては
収穫量が限られているためもあって
マツタケ、ホンシメジに続いて貴重な「きのこ」の一つとなっている。

コウタケの発生風景.jpg

写真1:コウタケ(イボタケ科)の発生風景

9月~10月中旬にかけてマツ、ミズナラ、コナラの混生林地上に点々と生える。
稀に2~3個固まって生えている場合があり、大きい物では傘が30cmにもなる。
落ち葉と土に紛れて見つけづらいので踏みつけてしまう場合があり、
周囲をゆっくり見渡しながら探す必要がある。

●続きはこちらをクリックして下さい。
           ↓

コウタケ400g.jpgコウタケ乾燥40g.jpg

写真2:コウタケ採りたて400gの量です。
写真3:天日干し1週間で重量がたった40gに変身です。

そこで・・・・調理方法は

●この状態になったら、いったん水に入れて戻し、
黒くなった水は捨てて料理に利用することが大事です。

炊き込みご飯、五目ずし、天ぷらによく合って美味しいものです。

ちなみに

生で食べると胃腸系の中毒を起こすと言われているので
絶対に生では食べてはいけません。

採りたてをすぐ食べる場合は
塩を振って焼いて食べると香ばしく美味しくいただけます。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年09月23日 23:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1648

コメント

 こんばんは。いいなぁ、コウタケ。
去年、食べたくて、東北から怪しいお値段で送ってもらいました。干して、密封冷蔵、まだ楽しんでいます。
 このところ、雨もなく、キノコが出ません。仕方ないので、マテバシイの実を拾って来ました。暖地の木なので、そちらの地方には無いのではないでしょうか?大きなドングリです。食べられます!(ブログに載せました。)
 キノコのお写真、楽しみにしています!

投稿者 桜沢 せおり : 2005年09月24日 01:30

桜沢 せおり さんへ
コウタケって意外と高いんですよ!
早く食べないと香気が失われておいしくなくなります。
ところで
こちらも同じくきのこの出は悪いのです。少し気温が下がり始めましたので期待できそうです。
マテバシイの実は岩手にはないと思います。
というか・・私は初めて聞きました。(勉強不足です)
普通のどんぐりの実の想い出は小学生の頃。どんぐりの実をつぶして砂糖と混ぜて(アンコに似せて)団子の中に入れて食べさせてもらったことがあります。
アンコが手に入らなかったのでどんぐりを使ったのですが
おいしいとは思いませんでした。
それ以来団子は(練りアン)は嫌いになったのです。
ただ、粒アンは大好きです。
何か、どんぐりの料理方法がありましたらお教え下さい。
ありがとうございました。

投稿者 昆寛 : 2005年09月24日 02:17

昆寛さま
どうもありがとうございます!
ドングリなんて、マイナーな話題かなぁ、と自信無さげに載せてみましたが、コメントいただき、嬉しいです。
カラスウリも、ドングリも、これからテーマにとりあげたいので、私なりの遊び方?を逐次、投稿していこうと思っています。
その「練りアン」は、何の木のドングリだったのでしょうか?
そちらなら、ミズナラ?コナラ?クヌギ?
カシワ?・・・・・・どれもアク抜きが大変ですね。私はまだアク抜きするドングリは試していませんが、上手く調理しないと、まずいでしょうね。
ドングリレシピも、受け売りですが、紹介していきたいと思います!
今日も森は、からから。コキララタケも、オゾニウムが拡がるばかり。
・・・では、また!

投稿者 桜沢 せおり : 2005年09月24日 21:44