« ・秋の山菜「ミズムカゴ」 | メイン | ・マイタケ求めて深山へ(1)! »

2005年09月27日

・一度は採って見たい異種マイタケ!

それは
「ミヤマトンビマイタケ」というトンビマイタケの近隣の仲間
傘の直径は
なんと30cm高さも30cmもあるビッグサイズである。

もちろん
高さは傘1枚ではなくトンビマイタケ同様
いくつもの傘が折り重なっての高さである。
何人分の料理ができるか想像がつかない
両手で抱えなければ運べない
そんな大きさなのである。

採ったのは地元80歳くらいのじっちゃん(おじいさん)
炭小屋の前で、結婚式の引き出物を包んでいる
ナイロンの風呂敷に包んで後生大事にもっていた。

「すみません。それ何すか?」
じっちゃん「ミヤマトンビだ。買ってけろじゃ!」
私「何ぼ!」・・
じっちゃん「5000円・・・」

高いと思ったが採る苦労を知っていては値切る事に躊躇する。
サンプルで買おうと思ったがあいにく山でのことだから
現金がないことを告げて写真だけ撮らせてもらって別れる。

また、
残念ながら私が採ったものでないため
発生している風景の写真がない。

明日もマイタケ山に入る予定を組んだので
このミヤマトンビマイタケに当たることを祈るばかり・・・・。

ミヤマトンビマイタケ.jpg

写真1:ミヤマトンビマイタケ(ミヤマトンビマイタケ科)

肉質はこの大きさではサルノコシカケのようで硬いのかと思ったら
触感はマスダケと同じ、煮漬物にして食べると美味しいらしい。

岩手ではトンビマイタケ同様
このミヤマトンビマイタケを食する習慣がない。
秋田県では貴重な「食材」となって安くない金額で売買されている。
一度は自分の手で採って食べてみたいものだ!

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年09月27日 07:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/156

コメント

うわ;ぁ!びっくり!すごい大きいですね。
サルノコシカケかと思いました。
こんなマイタケがあるんですね。

投稿者 あらかし女将 : 2005年09月30日 00:20

私もあることは知っていましたが現物を見るのは初めてでした。岩手の言い方で「どんでんした!」(びっくりした!)
と言う表現がぴったりのの大きさでした。
今日の新聞ではマツタケの傘が30cmあるものが採れた・・
と言うことがニュースになっていました。
何十年もきのこ採りをしていますが、そんなことはなく・・
何時か、ニュースになるようなきのこを採って見たいもだと思っています。

投稿者 昆寛 : 2005年10月01日 21:24

ミヤマトンビマイタケらしきものを発見したのです!
発見した時の余りにも異様なオーラから、一体この初めて見る巨大キノコは何なんだ!と思い手元の図鑑で調べるとどうやらこのキノコに近い。見つけた場所は、屋久島 標高1,100m付近 300-1,500歳ほどの杉が乱立する場所 ツガ・モミ・ヤマグルマ・ヒメシャラもあるが、特に杉が多い場所
です。初めて見た時は、大きなホットケーキが重なり合っているようでした。
大きさは40cm近かったと思います。晴れがずっと続いた後、台風の余波をうけてまとまった雨が3日ほど降り続いて勢いよく出てきた様子です。
以下に、当方のHPにて掲載しているので良かったらご覧になって頂き、コメント下さい。掲示板に残して頂いても結構です。私、かなり期待しております!!(笑)
http://pockets.jp
からお入り頂き、2005.10.3 参加者の素顔 という所からお入り頂ければと思います。
もし必要で在れば、キノコのアップ写真もあります。
では、よろしくお願いします!

投稿者 ケモ : 2005年10月03日 11:44

クモさんへ
コメントありがとうございます。
羨ましいです。
何十年もきのこ採りをしていてこのミヤマトンビマイタケだけは今だ採ったことはありません。
数少ない「きのこ」ですのでラッキー!
これからいい事があるかも知れませんね。

投稿者 昆寛 : 2005年10月04日 01:39

昆寛さま。わざわざ有り難うございました。本当に感謝です。

さて、昆さん、実は発見当初まさかコレがミヤマトンビマイタケだとは思わず、むやみに採るわけにもいかないなと思いそのまま残して帰ってきてしまったのです(号泣。更に号泣!)あぁ、何故・・・。これほど知らないということが、悔しかったことはここ最近ありません。あの手の形で、食用のキノコに逢ったことがなかったのが致命的でした。でもでも、あのあたりにまた出てくる可能性は高いですよね。来年も必ずこのタイミングで見に行こうと思います。キノコの決して多い場所ではないのですが、じっくりと勉強していこうと思います。今回は、残念ながらミヤマトンビマイタケの味をご報告できませんでしたが、この興奮を昆さんと分かち合えたのは収穫でした。本当に有り難うございました。また、こちらのブログにも遊びにきます。珍しいものを発見しましたらまた報告しますね。あ〜、それにしてもこの悔しさ。どうしたら解消できるでしょうか・・・。それにしても く・や・し・い〜。うぉ〜!!!

投稿者 ケモ : 2005年10月04日 17:15

ほやほやの取立て写真が有ります。現物は平塚博物館で標本に成ってると思います。

投稿者 haroochi : 2005年12月04日 18:04