« ・ナラタケの兄弟「ナラタケモドキ」 | メイン | ・上級者向けのきのこ »

2005年09月20日

・蚊取り線香として使われた!

コウタケとサクラシメジ採りで見つけた珍しい「きのこ」

カンバタケ?.jpg

写真1:カンバタケ(タコウキン科)不食とされている

カバノキの倒木に生えていたもの形は腎臓形か丸型で表面は薄い。
後に表皮が剥がれて白い肉質が現れる。
茎は太く短いのが特徴、昔カンバタケに火をつけて煙を出して
蚊やりに利用されていたと言われる。

「蚊やり」とは蚊を追い払うために杉の葉や、木屑などをいぶすこと
また蚊とり線香の意味もあり、蚊を追い払うために炊く火のことを言う。


カンバタケ4.jpg カンバタケ.jpg

写真2:手に持っているのが腎臓の形をした「カンバタケ」
右側のカンバタケは丸型の形をしている。

写真3:丸型のほうを半分にナイフで切った状態
4日経っても硬くならないでスポンジの状態
タヌキノチャブクロ、キツネノチャブクロと似た肉質を持っている。
匂いは特別なく、かじって口に含んでも苦味もない。

●以下の内容は信州大学の
応用生命学科のHPから引用させていただきました。
興味のある方はこちらを覗いて見てください。
http://yurinoki.shinshu-u.ac.jp/ohsei/

「キノコがさまざまな
生理活性成分を有していることは広く知られています。
私たちは、
枯れた白樺の表面に発生するカンバタケというキノコが
動物の皮膚の炎症を抑制することに着目しました。
このキノコから活性成分を単離し、
上の写真に示したような化学構造の物質を見出しました。
これはこれまでに発見されたことのない新しい化合物です。
今後、薬としての利用などが期待されます。」

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年09月20日 01:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/149

コメント

カンバタケ取りました。1.7kgその他に500g200g
食べれますか。教えてください。
この木にはまだ1.05kg位のものが3ケありました。
今、小さいのはスライスして干しています。
1.7kgの物はそのまま干しています。
今後の。処理を教えてください。

投稿者 厚 : 2007年10月24日 16:51

厚 さんへ
コメントありがとうございます。
お問い合わせの「カンバタケ」ですが食不適とされています。サルノコシカケに似ていますのでモソモソした食感で食べれたとしても美味しくないと思います。
私も1個サンプルとして話の種に保存しているだけです。

投稿者 昆寛 : 2007年10月24日 19:11