« ・不老長寿のきのこ(マンネンタケ) | メイン | ・花火きのこ? »

2005年08月22日

・初の「きのこ採り」はトンビマイタケ?

8月20日(土)は
今年初めての「きのこ採り」に向いました。

この時期(お盆の前後に)は写真のような
トンビマイタケが出るからです。
深山のブナ林の林道に車を置いて30分沢を登ると
更に二股の沢の合流点に出会います。
その地点から40度前後の急傾斜を尾根を目指して
滑りながらも一気に登ります。
その尾根沿いの林、藪をかき分けて更に30分程歩きます。
目的のトンビマイタケが発生する付近です。
あまりの急斜面のため上からなぞるように
見て回ったほうが効率がよいからです。
眼が「トンビマイタケ、トンビマイタケ・・・・」です。

実は今日の「トンビマイタケ採り」は8月29日の
「第3回きのこセミナー」の展示品に使いたいと思ったからです。

以前に採ったことがある大きく太いブナの木が見えてきました。
トンビマイタケは木の根元に生えています。
尾根から下がっているので上からは見えません。

見えるところまでもう少しです。

さて成果は・・・・・続きを呼んでください。

dc082109ann  .jpg

写真1トンビマイタケ(サルノコシカケ科)

深山のブナ、ナラ等の広葉樹にの根元に発生する。
稀に切り株の上部にも発生(マイタケも同じ)することがある。
食べ方は新しい若い物を食用にする。
岩手では保存用に塩漬け、粕漬けに利用している。
その他煮漬け、フライ、湯豆腐等に利用している。

さて・・・成果ですが・・・・

残念ながらありませんでした。・・・というより
まだ早いような感じです。
ついでにもちろんマイタケが出るところも見てきましたが
少し早い・・・・そんな感じでした。

その代わり採れたきのこが下の写真

これ・・チチタケという「きのこ」

dc082102ann  (修整1).JPG

写真1チチタケ(ベニタケ科)

尾根の傾斜に生えていたチチタケです。
夏~秋に広葉樹に数個ずつ発生
傷がつくと多量の乳液が出る、ダシが出て旨味があるもので
鍋物、煮物等に利用される。
残念ながら岩手ではあまり利用されていない「きのこ」

dc082101ann  .JPG dc082108ann  .jpg

写真3今日一日の収穫のチチタケはこれだけ

写真4トンビマイタケが切り株に発生した風景

いつもは採取についてはカメラ持参なのだが
充電不足で現場写真は撮れなかった。
チチタケは帰宅してから撮影

今年のきのこの出は10日位遅いのかも・・・・

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年08月22日 23:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/128

コメント

昆さんへ

お世話になります。
トンビマイタケ狩りのご協力ありがとうございます。

チチタケは、栃木県限定の高級キノコです。
ホント、栃木県の人に聞くとマツタケと同等扱いで
日光などでは、水煮パックのチチタケが当たり前の様に
売られています。
ただ、最近それらも中国産がほとんどです。

投稿者 荻田毅 : 2005年08月23日 09:31

はじめまして。
チチタケが、栃木県限定の高級キノコということで、教えていただきたく書き込ませていただきます。
私は中部地方に住むものですが、一昨日地元のブナ林でマイタケを採ってきたのですが、丁度食べ頃のしっかりした上物でしたが、その日に食べたのはいいのですが、翌日には冷蔵保存したものですが、かなり劣化していました。
マイタケについては、東北地方から江戸幕府に献上したという記録などがありますが、同じキノコでも採れる地域によって、味、日持ちなどに大きな違いがあると言うことでしょうか。

投稿者 kousinsou : 2005年09月20日 07:29

kousinsouさんへ
コメントありがとうございます。
マイタケの保存について知る限り(体験上)で説明させていただきます。冷蔵庫の室内温度が3℃くらいの(野菜室は約3℃くらいです。普通の冷蔵庫2℃です。)設定した場合においてマイタケを小口分けし、厚目のポリエチレンの袋に入れて口元を輪ゴムできつく締めます。こうすることで最大で3週間くらいは鮮度を保つことができます。
何故日持ちするのかの理由は
きのこも空気中の酸素を吸って二酸化炭素を放出いたします。
この二酸化炭素をきのこ自体が吸うことで急激に劣化を助長させる働きが起こり、早く痛むことになるからです。
そのためガス透過性の低い材料で密封する必要があるのです。
私の場合は風通しのよい場所に天日干しにしていますが、大量に収穫した場合は瓶詰め保存以外は早めに食べるようにしています。
地域によって異なるか?については
地域は関係なく採れた時期(気温、湿度)が異なることによって日持ちの鮮度が変わります。
例えば雨の日に収穫したものはそのままに状態だと早く鮮度が落ちてしまいます。
したがって、冷蔵保存する場合でも水洗いをしてはいけません。

投稿者 昆寛 : 2005年09月20日 16:06

早速のレスありがとうございました。

言われてみれば当然のことですが、なぜか私はキノコについては紙袋に入れて冷蔵したりして。息をさせたほうが良いのかと思われるような保存をしていたようです。

他のキノコについても同じ要領で冷蔵保存するべきですね。

マイタケについては特に香りが著しく劣化してしまい、気になりましたが、他のキノコでも同様に劣化させて食していたんだぁと思い、昆寛さんに教わって本当に良かったです。
ありがとうございました。
キノコ採りは楽しくこれからもいろいろご教授願うと思います、これからもよろしくお願いします。

              庚申草

投稿者 kousinsou : 2005年09月20日 20:03

トンビマイタケの大株はすごいですね。でも若い内に採らないと堅くなるので、採取時期がむずかしいですね。また、見せてもらいます。

投稿者 kounit : 2007年01月15日 11:13