« ・クリタケ(食)とニガクリタケ(猛毒) | メイン | ・キララタケ(食)とカワラタケ(薬) »

2005年08月17日

・クリタケの色様々

昨日に引き続き
「クリタケ」判別方法のレポートです。

猛毒の「ニガクリタケ」と食の「クリタケ」の違いを
傘の色で説明いたしました。
しかし
あちこちの山に入って「クリタケ」に出会うと色だけでは
簡単に判別できない「クリタケ」もあることがわかりました。

根本的に色が違う「クリタケ」があるということではありませんが
発生する時期の違いと山の違いが
微妙に色に変化を起こしているのだと思います。

dc101916.JPG

写真1ナメコ採りで出会った「クリタケ」

茶褐色で中央部が濃い色をしている。
これが一般的な「クリタケの」の色
ニガクリタケの硫黄色のとは大きく違う。

dc110724.JPG dc102615(修整1).JPG

写真2パッと見た目ではナラタケと間違えた「クリタケ」

日当たりが悪いため色が黄茶色になったようである。
ナラタケと間違えても食とするキノコなので安心だが・・・

写真3サクラシメジかと思わせた「クリタケ」

サクラシメジ特有の傘の色(ブドウ色)があって一緒に行った仲間が
間違えたほど奇麗なサクラシメジ似の「クリタケ」でした。

 dc110728.JPG dc110362(修整1).JPG

写真4ニガクリタケと間違うことがないが毒々しい感じの「クリタケ」

死滅する最後の段階の「クリタケ」の色
毒々しい茶褐色になって一生を終える。

写真5ナメコと間違えた「クリタケ」

この日は小雨混じりだったため、傘が雨で濡れていたため
ヌメリがあるように見えてナメコかと勘違いした。

●「きのこの本」では
知ることができない難しさがキノコの世界ですが
それを少しでも、もう一歩進んで学べる場があります。
    詳細はこちらをクリュク

          ↓ 
8月29日に開催される「第3回きのこセミナー」です。

9月にもなればきのこシーズン本番です。
この機会に足を運んで見ては・・・・・・・。 

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年08月17日 01:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/124

コメント

僕も、以前に自分のヤマ専門でキノコを採ってた時は
気がつかなかったのですが、
仕事で全国各地のキノコを探すようになってから、
本当にそのバリエーションにビックリしました。

同じキノコでも、土地土地でかなり色・形が違うんですよ。
ショックでしたね。

投稿者 荻田毅 : 2005年08月19日 11:39

荻田さんへ
岩手県しか知りませんが栽培物の天然物の違いも
土壌の関係で変わってくるんだと考えています。
山菜の紫ワラビもそうですが、
ある地域に多く発生するのはやはり
土壌だということが判っていますから・・・。

投稿者 昆寛 : 2005年08月19日 23:55