« ・天然エノキダケ(2) | メイン | ・クリタケ(食)とニガクリタケ(猛毒) »

2005年08月15日

・天然エノキダケは7ヶ月も楽しめる!

天然エノキダケは
10月から4月頃まで長い期間キノコ採りを楽しめる種類です。
また
奥深い山に行かなくなくても公園とか近くの河川でも採れるので
散歩の感覚で誰でも収穫が可能な「きのこ」です。

●岩手ではユキノシタ、ユキモダスと言って
雪をかきわけて採る「きのこ」なのですが
一面雪がある中、腰籠を身につけて歩いていると
異様に感じられのか
「何だ・・・・あいつバカじゃねえのか!」と言われることがあります。

冬に「きのこ」はないのが普通なのだから
冬にキノコ採りの姿をして、ゴソゴソ探していたら
バカと思うのも当たり前かもしれません。

でもそれがあるんです。・・・・冬に「きのこ」が
それが天然エノキダケなのです。


dc020601(修整2).JPG

写真1天然」エノキダケ
今年(2005)の2月に自宅の散歩道で採ったものです。

dc111202.JPG dc111319.JPG

写真2,3写真1と同じ地域で
昨年」(2004)の11月に生えていたエノキダケ

dc072006ann  .JPG dc020106.JPG

写真4散歩コース

愛犬「ゴンタ」と愛猫「アイシャ」と私とキノコ探しです。

写真5同じ地域で1月に生えていたエノキダケ

dc031403.JPG dc111203.JPG

写真6,7同じ地域で4月に生えていたエノキダケ

日が当たるところは大きく茶色になっており、
日陰のものは白に近い黄色になっていた。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年08月15日 12:31

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/122