« ・自然の神秘! | メイン | ・金と銀がつくきのこ! »

2005年08月02日

・間違いやすい「やばいキノコ」

秋の中盤天然ナメコ採りに
深山に向うと
ブナの立ち木や枯れ木に食とされる「ムキタケ」と
間違う毒キノコがある。

それは
有名な「ツキヨタケ」で
岩手県では中毒を起こす例の最も多いきのこになっている。
このきのこは夜、ヒダの部分が発光する特性がある。
(夜採りに行くわけでもないので見るチャンスがないが・・・)


dc092232.JPG

写真1ブナの風倒木に発生した「ツキヨタケ」

天然ナメコとムキタケとツキヨタケが混生している場合があり
間違う場合はそんな時である。
ムキタケに比べて傘の色は比較的に赤茶色をしている。
一方ムキタケは写真2のように黄色が混ざった灰色の感じである。
晩秋になり、霜が降りると「ツキヨタケは」身が弱いため
黒く、融けた感じになるが「ムキタケ」は
シャキとした姿を保持しているため判別ができる。

dc102512.JPG

写真2少し枯れかかったナラの木に発生した「ムキタケ」

左の小さなきのこは「ナラタケ」

最も確実に判別するためには
茎の根元に黒いシミがあるのが「ツキヨタケ」と覚えればよい。

dc080107ann  .jpg

図1きのこの根元を縦に割ったところ

左が「ムキタケ」で右が「ツキヨタケ」で根元にシミがある。
ツキヨタケを食べると腹痛、下痢、嘔吐が続き3日は悩まされる。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年08月02日 01:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/113

このリストは、次のエントリーを参照しています: ・間違いやすい「やばいキノコ」:

» 「毒きのこ」と「きのこの毒素」 from 王壮快の日記
 毒キノコ ●食用になるキノコは約300種類 日本ではきのこ狩りが秋の野山での楽... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月26日 18:26

» ・ムキタケ採り/2006 from 自然に魅せられるブログ.Jr
晩秋の頃、深山に入ると ブナやミズナラやカエデの風倒木に折り重なって生えるキノコ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月19日 23:04

» ムキタケ(2009)食 from 自然に魅せられるブログ.Jr
●ムキタケ(食)キシメジ科 主にブナ、カエデ、ミズナラに重なって生えます。 ムキ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月02日 23:19