« ・食べて死ぬかと思った「毒きのこ」 | メイン | ・杉林で「マイタケ」が採れる? »

2005年07月05日

・牛糞上で育つ食べられる「きのこ」

それは「サケツバタケ」という「きのこ」である。

油炒めにするとおいしい「きのこ」であるが
一般的には利用されていない。
理由は生えている場所が場所だけに・・・
食べる気がしない。

(糞を想像してしまうから・・だが)

生えている場所を言わずに調理して
食べさせると「まあ~うまいな~」という言葉もあったりして
食するには最初に見た目で判断する訳だから・・
誰だって糞上の「きのこ」を見たらそりゃ無理だなと思う。

また、見た目で「食べれそうな感じのきのこ」で
自己判断する人がいる訳だから
「毒きのこ」を採ってしまうは当然なわけである。

見た目で自己判断してはいけませんよ・・・という教訓です。
(見た目が悪くても食べれる「きのこ」があり、
見た目が良くても食べれない「きのこ」があるということです。)

dc100138.JPG

写真1牧場の草地に生えている「サケツバタケ」
牛糞上ではないが牛を放牧しているために発生している。
なんか食べれそうな感じがする・・・?

dc100135.JPG

写真2:「サツバタケ」の傘の裏側をみたところ。
やや大型のきのこ、傘の表面は黄褐色、ヒダは淡い青から紫色に変化する。

dc092333(修整1).JPG

写真3乾燥した牧草に牛糞混合:牧草の肥料の上に発生
食べたいと思わない「サケツバタケ」の子供達

この牛糞上の「サケツバタケ」食べたのか?
・・・・という質問ですか?

責任持って食べました。・・・・おいしかったですよ!

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年07月05日 23:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/95

このリストは、次のエントリーを参照しています: ・牛糞上で育つ食べられる「きのこ」:

» エネルギー問題に牛糞を投じる from プチのり弁当
だいぶ更新が途絶えていたのでちょっと前のニュースも拾い上げ。 ■HOTWIRED... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月13日 02:37

コメント

昆さん、エライ!
いや、そりゃ、普通引きますよ。思いっきり。
僕も引いてます、ハイ、度胸なしです。

投稿者 荻田毅 : 2005年07月06日 12:46

おはよう。御座います。私はこの前240センチの竿でとてもつまらない思いをし、330センチを買いました。今、ウエーダーが欲しくて。おもりはあまりつかってないです・・・たまに彼が丸い鉛色のおもりをつけてくれます。 
 虫刺されもなんとかよくなってきました。虫はにおいによってくるってことで、たぶん顔の化粧品かなんか(日焼け止め)にきたんでしょうね・・・
 次の日曜は釣りにいけません。あ~。ちなみに雨で川がにごってるときでも魚はつれますか?

投稿者 ひだか : 2005年07月07日 10:46

荻田毅さんへ
毒きのこでなければ食べる価値ありです。
といっても事実は勇気が必要だったんです。食べれることを証明するための行動でした。でも結局「こういう種類のきのこだよ」とうと誰も食べませんでしたよ!
なんのきのこか言わないで肉汁にすると「うまい」と言って食べていました。(きのこの名前はシメジにしました。)

投稿者 昆寛 : 2005年07月07日 23:59

ひだかさんへ
竿の長さ短いと思いますよ。
最低でも4.3mは用意した方がいいですよ。
(この長さでも安比川本流は無理だと思います。)
鉛についてはブログに数日中に投稿します。
笹にごりであれば大物が期待できますが川の深さが判断できない濁りであれば無理だと思います。ただ濁っていてもその川に入る支流とか沢が比較的に奇麗であればその合流点が穴場になります。虫刺され・・・治ってきて良かったですね。

投稿者 昆寛 : 2005年07月08日 00:16

やっぱそうですよね。また近いうちに新竿買います。短いのは会社帰りに行く小川用で使います。
あんな短い竿にかかってくれた魚たちには感謝。

投稿者 ひだか : 2005年07月08日 09:32