« ・本物のシメジは「ホンシメジ」! | メイン | ・自然の神秘! »

2005年07月30日

・ジャンボ!ヌメリスギタケ

名前のごとく「ヌメリ」が天然ナメコのように著しく
粘着物のきのこの中でも群を抜いている。

似た仲間にスギタケ、ナメコがありますが
スギタケは傘は「ヌメリスギタケ」と
同じく全面褐色のささくれで覆われているが粘着物はありません。
一方
天然ナメコはささくれを持たないが粘着物はあるのが特徴。

この他似た「きのこ」の仲間には、
ヌメリスギタケモドキ、チャナメツムタケ、キナムツムタケがある。
(この「きのこ」については後日報告!)

●煮つけ、味噌汁、澄まし汁、納豆和え、豆腐汁に合っている。
何でもそうですが、ジャンボになると味がやはり大味のようです。

dc100360.JPG
写真1
ジャンボの「ヌメリスギタケ」(モエギタケ科)

竹田さん「ほら・・うまそうだべ・・」と言っていますが・・・・

コピー ~ dc091924(修整1).JPG dc091929.JPG
写真2 「ヌメリスギタケ」の発生風景
写真は沢沿いの枯れ木に並んで生えていたもの。
多くはヤナギ、ブナの枯れ木、倒木に発生します。
岩手の方言で「ヤナギシイタケ」「ヤナギモダシ」

写真2手頃な大きさの「ヌメリスギタケ」

この「きのこ」
やや高めの山の風倒木に発生してるのを偶然見つけるか
また
イワナ釣りをしていていて偶然見つけるといった具合で
大量には収穫できない、ある意味で貴重な「きのこ」です。

dc091927.JPG dc091931.JPG

この日の目的はハタケシメジ採りでした。
沢沿いに発生する早出の「ハタケシメジ」を探しての途中
「ヌメリスギタケ」に出会ったという訳です。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年07月30日 23:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/111