« ・忍者ごっこで遊んだ「きのこ」! | メイン | ・ジャンボ!ヌメリスギタケ »

2005年07月29日

・本物のシメジは「ホンシメジ」!

昔から「匂い松茸、味シメジ」と言われて親しまれてきた
本物のシメジはこの「ホンシメジ」である。

香りは松茸に及ばないけれど、
味はホンシメジに勝るものがないと言われる。

現在市場に「○○シメジ」として出回って、
口にしているのは、実はシメジの仲間ではなく
ヒラタケの人口栽培品である。

また最近では、シロタモギタケが「ホンシメジ」として
販売されているのが現状で、
私はこれを「スーパーしめじ」と呼んでいます。

超立派なシメジということではなく
スーパーで
販売するために作られたシメジという意味なのですが・・・

それだけ、「ホンシメジ」の栽培は難しいということで
天然「ホンシメジ」は
一般の店頭では滅多に販売されることはありません。

●その理由は「ホンシメジ」の生態にあるのです。

●きのこ生態としては
植物や死んだ植物に寄生する死物寄生菌
枯れた樹木に寄生する木材腐朽菌があり
ヒラタケやシロタモギタケはこれに属する。
一方、これに対して
樹木に根に寄生しながら栄養を貰う代償として、
水分や無機栄養分を供給して、樹木を病気を守る生態系の
「菌根菌」がありホンシメジ、松茸、タマゴタケがこれにあたる。

その「ホンシメジ」こんな場所で採れるのです。

dc100343.JPG dc100335.JPG

写真1松林の尾根から見た風景

日当たりがよく、風通しもいい場所そんな所を探します。

写真2ホンシメジを探している風景

多少傾斜がきついものの赤松林とコナラ、
カシワの混成林の環境に生えます。
左右角度を変えて生えそうなポイントを丹念に探します。
1個見つけるとサクラシメジ同様、「妖精の輪」を見ることも可能です。
松茸同様一度に大量に採れない貴重な「きのこ」です。

dc100329.JPG dc100307.JPG

写真3竹田さんが採ったシメジ
写真4山で逢った地元のシメジ採りのおばーさん

こんなビックサイズの「ホンシメジ」がとれるのは珍しいのですが、
この日は収穫はほぼこのサイズだった。
原因は・・・・・・人が入っていなかったということか?


dc072901ann  .jpg dc100309.JPG

写真5ホンシメジの発生風景

こんな感じに生えていて、タイミングがよければ「サクラシメジ」
のように周囲グルリと生えている「妖精の輪」に会うことができる。

写真6私が採った「ホンシメジ」

この位の大きさになると美味しいのがわかっているのか・・?
茎の中に中に「虫」が居心地よさそうに沢山入っている。

●「きのこ」は虫を食うものだ・・・と言うから
美味しさを優先して、丹念に虫を取り除いて料理開始!

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年07月29日 21:37

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/110

コメント

本シメジって、こんなに大きいのですか。
私の田舎(福岡県)のシメジも大きさが自慢でしたが、
これほどでは。かさはもう少し大きいかもしれませんが、
足はウラベニホテイシメジくらいの径です。
長さは15cmくらいありますが。
でも、これは見事です、垂涎ものです。
予約が出来れば、すぐにでもって感じです。
薄い塩味で炊き上げると、シメジの味が、充分味わえそうです。

投稿者 jkcsiba : 2005年08月15日 00:56

jkcsibaさんへ
コメントありがとうございます。
写真のような大きいホンシメジは久しぶりでした。
ホンシメジは年々減りつつあります。
希林舘自然クラブでも数が少ないため販売していませんが
大量には確保できませんがご希望があれば予定してがんばります。
ありがとうございました。

投稿者 昆寛 : 2005年08月16日 01:27

昆さん、ご無沙汰しています。
此処をお借りしてお願いします。
千葉の松本です。
本シメジの件ですが、宜しくお願いいたします。
出来ましたら、私の方と、国の母にもと考えておりますが、
如何なものでしょうか。

九月に入っての釣行の件は今しばらく、時間を下さい。
宜しくお願いします。

PCをリカバリーした際に、バックアップがうまくいかずに
アドレスを含む全てのデーターを失くしました。
この場をお借りする無礼をお許し下さい。

では、失礼します。松本和彦

投稿者 jkcsiba : 2005年08月17日 22:13