« ・またまた発生!季節外れの「きのこ」 | メイン | ・女性アマチュア写真家 »

2005年07月21日

・ビギナーから脱却する方法!

9月になると「コウタケ」採りが始まります。
写真は昨年のコウタケが発生した風景と採取風景です。

大きいものは30cmもありパッと見た目はグロテスクで気味が悪いが
食材としては高級品の部類に入っている貴重な「きのこ」です。

ところで

ビギナー時代には誰でも「釣り」では大物がヒットし、
きのこでは高級とされる「きのこ」に偶然でも採った経験があると思います。

それが、病みつきになって・・・通い始め
思った獲物がなかなか採れないイライラの経験もあると思います。
たまたま
経験豊かな人に同行した場合に採れたのであって、
いざ一人でむやみに探索し始めても、よい結果を出せないのです。

それを解決するために
「きのこの本(写真集)」を買って研究の研究・・・が
よくわからないので・・・・
いつまで経っても同じものしか採れないのです。

それではどうするか?

自分の経験から言えば
本に書いてある発生する条件(場所、山の向き、季節、温度と湿度等)の
条件マニュアルを基本として頭にインプットし・・・
経験豊かな人に同行して確認しながら体験で覚えることが早いようです。

そんなことを解決してくれるのが8月29日

●経験豊かな「きのこ」マニアが集う
「きのこセミナー」
が開催されます。
ブログ仲間の荻田さんが司会進行しながら、
ベテラン、ビギナーの交流の場です。

実体験はできませんが、条件マニュアルを学び
ビギナー脱却のチャンスです。

是非、皆さん参加してみることをお奨めいたします。

dc090451.JPG

写真1広葉樹林の中で比較的に歩きやすく、風通しがいい所に発生
家族で行っても迷わないそんな感じの場所ですので安心です。
同じ時期にこの山には「サクラシメジ」「ホウキダケ」も採れるのです。

dc090449.JPG dc090455.JPG
写真2このように「コウタケ」が生えている。
写真3私が採った「コウタケ」

dc090462.JPG dc090464.JPG
写真4メンバーの工藤さんが採った「コウタケ」です。
写真530cmもある大きい「コウタケ」を採りました。

調理方法はいったん乾燥させてから使用する。
前日に水で戻し、黒くなった水は捨てて、炊き込みご飯、天ぷらによく合う。
生のままの場合は焼いて塩で食べるとおいいしい。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年07月21日 22:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/104

このリストは、次のエントリーを参照しています: ・ビギナーから脱却する方法!:

» いろいろキノコ1 from 天然食材探しへ近くに気軽に出かけよう!
今日から、ちょっとずつ気まぐれランダムに、天然きのこについて話したいと思います。 左写真を拡大して、右上「アケビ」の下にある4本のキノコ。 これは「シモ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年07月25日 11:18

コメント

いやー、本当にお世辞抜きで
立派すぎる「コウタケ」ですね。

ぜひ僕も連れてっていただきたいすね。
最近「コウタケ」まで中国から輸入している
らしいですが、天然物ぐらい国産で
まかなってほしいものです。

投稿者 荻田毅 : 2005年07月23日 08:03

ぜひ、いらして下さい。
お連れいたします。
ホントにそうですね。
きのこは山菜に比べて
天然ものの収穫は比較にならないほど少ないのが現状です。
年々山が変わっているのが主な原因ですが、
日本で天然きのこが多く採れるような環境にしたいものです。

投稿者 昆寛 : 2005年07月25日 02:13