« 番外編:スパムメール「関本弘美」に気をつけて! | メイン | 2004年の「ハタケシメジ採り」こんなだった(1) »

2005年06月13日

季節外れの「ナラタケ」採り

数日前に山菜調査で新しい山に入った時に
季節外れの「きのこ」→「ナラタケ」が出ていたことを報告いたしました。

発生する場所は少し日当たりが悪いため、周囲より少し温度が低く、
湿気がある沢沿いとか、姫だけ採りの竹藪の中の風倒木によく発生しています。

写真は昨年の11月中旬の「ナラタケ」採りの状況ですが、
一般的に「ナラタケ」の発生は多くは10月中旬がピークなのです。

昨年はなんと1ヵ月ずれ込んだ「ナラタケ」採りでした。
例年であれば岩手の11月は「ナメコ」「ムキタケ」「エノキダケ」採りに
夢中になっている時期なのです。
ですから、
そんな時は「今年はナラタケは出ない・・」と判断してあきらめる人が多く
その「ナラタケ」畑は(採りきれない量があって)
私達の貸し切りとなってしまいます。

原因は地球温暖化による気候の不安定によるものですが、

暑かったり、寒かったりの変化が激しく「採取カレンダー」も当てにならなくなりつつあります。
その分発生状況を確認するため、何回も足を運ばなくてはいけません。

dc110733.JPG dc010271.JPG
写真1:誰もいない「ナラタケ」山の尾根にたっているところ
写真2:マイタケのように生えている「ナラタケ

dc061201.jpg dc110726(修整1).JPG
写真3:ここ1箇所で腰籠が満杯になる量です。
写真4:その「ナラタケ」のズームアップ写真です。

dc110719.JPG dc102602.JPG
写真5:採り頃のサイズです。サワボリと違って型崩れしないのが特徴です。
写真6:小指程度の「ナラタケ」です。5日もすると写真5のサイズになります。

dc100714.JPG

写真7:ちなみに2003年の例年通り10/7に発生した「ナラタケ」の様子

さて今年はどうか・・・・
やはり「ナメコとナラタケ」採りが一緒そんな予感がします。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年06月13日 21:35

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/82

コメント

初めまして,Berkeley diary のhesse60です.Berkeley diary にご訪問下さり,有り難うございました!
広島の田舎で育ったので,幼少の頃,よく親父に連れられて「松茸」を採りにいっていました.朝4時頃起きて山の中をうろうろ.それでも先陣の方がいらっしゃったりして・・・(笑).山の生活や山菜採りは,なかなか奥が深そうだなぁと子供ながら興味を持っていました.
昆寛さんのブログは,美しい自然が満載で,自然を愛する人ならではの文章がとても心に響いて,また写真のバランスが絶妙で,更新を密かに楽しみにしていました.これからも拝見させていただきますね.よろしくお願いします.
天候異常ですか~.こんな時期に「ナラタケ」群生していとは・・・.昨年の写真が見事,収穫が楽しみですね.

投稿者 hesse60 : 2005年06月15日 00:14

hesse60さん
遠くからコメントありがとうございました。
私も最初は親父に連れられて渓流釣りが最初で、きのこ、山菜と教えられました。その時親父は口癖のように「昔は良かったな~」と話してました。昔は沢山釣れて、沢山あったという意味ですが、今では私も親父になり、皆に「昔はよかったな~」と口癖です。
でも本当に変な天候不順と乱獲で自然物は確実に減りつつあります。
これからよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

投稿者 昆寛 : 2005年06月15日 23:23