« ・「グーズベリー」という木の実 | メイン | ・「キイチゴ」という木の実 »

2005年06月25日

・「ヤマボウシ」という木の実

この「木の実」も昨日に同じく
一昔前までは山に入るとけっこう目にした「木の実」

今は探そうにもなかなか見つけることが困難になった「木の実」です。
岩手の方言で「ヤマガ」といいます。
ホンシメジ採りの時期に垂れた枝先についた赤くなった実から
甘い臭いを発し「ここにあるぞ!」と言わんばかりに教えてくれます。

一つ、二つと実を口に運べば、
その外皮は赤く中はオレンジ色の美しい色、
さわやかな甘味が口の中一杯に広がってきます。

コピー ~ dc100305(修整1)(修整1)(修整1).JPG

写真1:「きのこ採り」で見かけたヤマボウシ

成分にビタミン、カロチン、タンニンを含み、滋養強壮、疲労回復などに効果がある。

dc062502(修整1).jpg dc100337.JPG

写真2:ヤマボウシの花

この花に似ているのが「アメリカヤマボウシ」でハナミズキとも言い、
公園、庭木に活用されている。

「ヤマボウシ」の実は写真1のように丸型に対し、
「アメリカヤマボウシ」は細長い形の実をしている。

写真3:ヤマボウシが生えていた風景

昨年ホンシメジ採りに行った際に偶然見つけたものです。
今年は採取の予定を立てて果実酒作りに挑戦!・・・
また、挿し木で増やせるようなのでこれも自家栽培可能か!
これも挑戦してみよう。

ちなみに「ヤマボウシ」の名前の由来は
白い花びらの集まりを坊主頭に
中央の花柱を頭巾に見立てたところから「ヤマボウシ」とつけられたとか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

dc062107.jpg dc062113.jpg

「竹田の作品」
写真1:コブシの花と岩手山
写真2:初夏の唐松林

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年06月25日 22:50

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1585

コメント

来てくれて嬉しいです!これからいっぱいいろんな知識教えてください!笑。実の成分まで良くご存知ですね!すごいです!栗の木があるんですね!しかもそちらの方の栗は甘みがあるんですかー?では秋に訪れてみたいです!笑。私が食べに行っちゃうんで食べちゃだめですよーーー!笑

投稿者 生栗和栗 : 2005年06月26日 09:12

ヤマボウシの実が食べられるなんて知りませんでした~(そもそも、実をつけることすら(^^;)
こちらで、T氏の写真が見られて嬉しいですわ~。
一緒に同行した時のものと、一人隠密行動したものがわかって!(爆)
↓のジャムの件・・・・誠にありがとうございますm(__)m
しかし、昆さんも、下戸だったなんてっ。T氏も、今じゃ、すっかり飲まなくなってしまったし・・・。つまらんのぅ~(-_-;)

投稿者 keikono3 : 2005年06月26日 13:54

生栗和栗さんへ
昨年の栗は甘みが足りなかったようでした。
栗の木の周りの除草をしなかったため、草はボウボウまた肥料をやらなかったため甘みが減ったようでした。
甘さは肥料と日光の加減が大事なようです。
でも山栗は全般的に甘いようですね。

投稿者 昆寛 : 2005年06月27日 01:02

keikono3さんへ
私の母の実家は酒店なのですが男は誰一人飲めないのです。
遺伝だと思いますが、病院で注射を打つ前の脱脂綿にアルコール・・・あれもダメなんですよ。腕が真っ赤になってしまいます。オロナミンCにはアルコールは入っていないと思いまが、これも飲むと酔ったような気分になります。
竹田氏は飲むと女癖が悪くなる(冗談ですが・・)
でも適当に飲んでいるようですよ。
今は酒、女よりカメラが恋人のようです。
私には理解できませんが・・・・・

投稿者 昆寛 : 2005年06月27日 01:14