« 2004年のヤマウドはこんな感じだった! | メイン | 2004年の山菜(ワラビ)はこんな感じだった! »

2005年03月08日

2004年のギョウジャニンニクはこんなだった!

dc062716.JPG dc050235.JPG dc040921.JPG dc053020.JPG dc050703.JPG dc053027.JPG dc053026.JPG dc061260(修整1).JPG dc061260(修整1).JPG

自宅から車で1時間行った所にイワナがいるG渓流があります。、その渓流を川越して500m位歩くとG渓流に入る枝沢あって、その枝沢を更に300m歩くと右の斜面にカタクリの群生があります。そこから、更に100m行った所に笹藪があって、その中に目的のギョウジァyニンニクが群生しています。
3枚目の写真は出始めてから1週間位成長した大きさです。まだ採取するには早いのです。更に1週間たった大きさに成長したギョウジャニンニクが4~5枚目の写真です。採取ギリギリの大きさです。
6枚芽は枝沢の土手(写真の右隅)にも20ほん位生えていました。ここは人があまり入らない場所ですので必要な分採取して保存ののことも考え乱獲しないようにします。毎年訪れるのですが少しづつ増えているようです。大事にしたい場所です。
7枚芽は収穫したギョウジャニンニクです。9枚目はギョウジャニンニクの花が終わって種をつけた姿です。時期がきて自然に種が落ちて発芽の準備をします。ギョウジャニンニクは全国で乱獲で減少の一途を辿っています。いつも思うのですが釣りには漁業券がありますが山菜、きのこには採取券がありません。乱獲を防止するためには必要だと考えています。
●ギョウジャニンニク(ユリ科)岩手の方言でヤマニラ、ハビル、ヒトビロ
主として東北、北海道地方に多く産する。山地、原野、などの湿気のあるところや林、笹藪の中に群生する。外形はスズランに似ているが、葉は3枚ぐらいつく。初夏に長い花楩を出し、その先に白色の細かい6弁花の丸い散形花序をつける。花の淡紫紅色のものもある。地中には鱗茎があって、細長い皮針状の長楕円形で、表面は古い葉の部分が、朽ちてできたシュロ毛状の繊維で被われ、その下部からヒゲ根を生じる。全草に強いニラ臭さがある。
鱗茎、若い葉、葉、花つぼみが食用になるが、群生するわりには繁殖力が強くないため、なるべく燐茎は残しておき地上部だけ利用したい山菜である。
●若葉、葉はゆでて、おひたし、和え物、(からし、マヨネーズ、酢味噌、納豆)酢の物、とじもの、生のままで汁の実、天ぷら、油炒め、フライ、卵とじ、煮つけにしてもよい。また茎や葉は生のまま、ジンギスカン鍋、すき焼きにすると美味なこと第一である。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年03月08日 18:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1512

コメント

ヤマメ釣りの写真等は「自然に魅せられるブログ」で掲載するのですか?是非岩手の釣りも見たいのですが・・・・

投稿者 takeda : 2005年03月09日 21:54

自然に魅せられるブログでは山菜、きのこ、釣り(渓流釣り:イワナ、ヤマメ)についてリアルタイムに報告したいと考えています。現在はまだ岩手は雪が多くて行動していませんが、2004年の行動記録を少しずつ掲載しています。ヤマメ釣りも1週間くらいで書こうと思っています。(昆寛)

投稿者 昆寛 : 2005年03月09日 22:07

自然はすばらい、プログおみています。山菜おを購入したいのですが。

投稿者 yosikazu : 2005年03月09日 22:49

自然に魅せられるブログのご訪問ありがとうございます。山菜の購入については、希林舘自然クラブのHPをご覧下さい。
HPアドレスは http://sansai.kirinkan.biz/ です。よろしくお願いいたします。ありがとうございました。(昆寛)

投稿者 昆寛 : 2005年03月09日 23:01

昆様

再度、投稿チャレンジしています。
うまくいくかどうか半信半疑で書いてます。
私は水沢出身なので、たまに里帰りした時の
フィールドは県南の栗駒方面になります。
県北の美しさを見せられ、今度はそちらにも
行ってみたいと感じました。
今後もよろしくお願いします。

投稿者 荻田毅 : 2005年03月10日 09:58